トピックス:すべて

かごしま丸が日本大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
着底トロール操業実習

平成29年5月20日から26日の7日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、日本大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
同大学からは小島隆人教授に引率された生物資源科学部海洋生物資源科学科の3年生8人およびTAの4年生1人と大学院1年生1人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した木村郁夫教授、上西由翁教授、山岡浩技術職員の指導を受けました。
実習では、かごしま丸教員から乗船ガイダンス、救命艇等操練及び着底トロール操業と国際漁場としての東シナ海の概要について講義を受けた後、東シナ海の我が国の排他的経済水域内で着底トロール操業を行い、その漁獲物の選別・測定及び硬直度指数とK値による鮮度評価、さつま揚げの製造、CTDによる海洋観測等の実習を行いました。操業後は、木村教授から「漁獲物の船上加工」に関する講義を受けるとともに、かごしま丸教員の指導で操業資料の分析を行いました。23日~24日には奄美大島名瀬に寄港し、名瀬漁協水揚荷捌所、宝勢丸鰹漁業生産組合の加工販売施設および近郊のマングローブ域の見学を行いました。復航時は、小島教授の指導で「かごしま丸でコンピューターに親しもう-Excelを使ったプログラム学習-」と題して、船内の学生用パソコンを使って初歩のプログラミング演習を行うとともに、上西教授から「魚介類の鮮度と品質」と「水産煉り製品」について講義を受けました。また、ブリッジで操舵と航海当直を体験しました。全般的に天候に恵まれたこともあり、参加した日本大学の教員・学生は大型練習船での実習に大いに満足したようでした。
小島教授は、共同利用航海について、「かごしま丸のような大型練習船での実習は本学の実験・実習では決して体験できない経験であり、彼らの勉学に必ず活かされると思う。実際、この実習に参加した学生のほぼ全員が、卒業時に実施する学生アンケートにおいて、かごしま丸での乗船実習を在学中に最も印象に残った講義・実習の1つとして挙げている。また近年は、水産商社に就職する学生も多く、本実習を通して、鹿児島大学の教員による食品分野の講義や実習を受けることができることも、彼らの就職活動や将来の仕事にとって非常に意義深い。今後も共同利用制度を使って、かごしま丸での洋上実習を継続実施したい。」と語っていました。なお、参加した学生には、後日提出されるレポートに基づいて、同大学の海洋生物資源科学実習の単位が付与される予定です。
この実習航海には、本学部の漁獲物船上処理乗船実習受講の学生17人も混乗し、日本大学生と同じ内容の実習を行いました。

利用大学教員による演習指導
さつま揚げ製造実習
航海当直実習(真風向・風速計算)
MBC南日本放送「かごしま4」に水産学部の学生さんが出演しました
左から、***さん、さっつん、***さん
左から、近藤里江さん、さっつん、橋本百花さん

4月25日(火)、MBC南日本放送のテレビ番組「かごしま4」の「さっつんキャンパスリポート」のコーナーに、水産経済学分野4年生の近藤里江さんと国際食料資源学特別コース3年生の橋本百花さんが出演しました。
放送では、2人が水産学部に入学した動機や大学での授業や研究、サークル活動、フィリピンでの海外研修実習の様子などについて紹介しました。水産学部を目指す高校生に向けて、近藤さんは「水産学部は特殊な学部と思われがちですが、入学すれば、そうではなく水産学が日本にとって重要な学問分野であることがわかります。鹿児島には豊かな水産資源があります。」とコメントし、橋本さんは「国際食料資源学特別コースは水産学部と農学部にまたがったコースで、水産学と農学の両方が学べます。」と伝えました。 たくさんの受験生の方に鹿児島大学水産学部を受験してほしいです。

志布志港で南星丸の見学会を開催しました
船長による注意事項の説明
船長による注意事項の説明

2017年5月20日に志布志港に停泊した南星丸において見学会を行いました。今回、南星丸は海洋微生物学教室の志布志湾における水質および底質調査の途中に停泊しました。訪問したのは、大崎町の小学生と幼稚園児の24名です。元気のいい子供達でした。当日は船内の見学と講演会「うみの話」を行いました。

ブリッジの見学
ブリッジの見学
講演「うみの話」を聴きました
講演「うみの話」を聴きました
CTDの説明を受けました
CTDの説明を受けました
昼食はカレーでした
昼食はカレーでした
船長に敬礼でお別れ
船長に敬礼でお別れ
嘉義大学・生命科学院の教員9名が水産学部を表敬訪問されました
両大学の教員間での学生交流・研究者交流に関する打ち合わせ
両大学の教員間での学生交流・研究者交流に関する打ち合わせ
鹿児島県内の養殖場視察の様子
鹿児島県内の養殖場視察の様子

平成29年4月6日から7日に、部局間学術交流協定締結校の台湾国立嘉義大学・生命科学院の黃承輝特聘教授はじめ計9名の教員が水産学部を表敬訪問されました。4月6日には、越塩水産学部長、有川事務長をはじめとする計14名の本学部教職員と研究者交流を行い、参加者各自の近年の研究課題について紹介し、今後の共同研究実施に向けての情報交換を行いました。また、学生交流についても協議し、今後の双方の学生交流の方法について話し合いを行いました。同日には水産学部練習船かごしま丸の視察も行い、船内の研究施設の紹介を行いました。4月7日には、鹿児島県内の漁業協同組合及び企業の協力を得て、ブリの海面生簀養殖現場や、クルマエビおよびヒラメの陸上養殖現場の視察を行い、現場従事者との交流を行い、鹿児島の水産養殖事情について理解を深めていただきました。

 

第129回 海洋センターセミナーを開催しました

第129回 海洋センターセミナー


テーマ:赤潮対策シンポジウム

日時:2017年3月10日(金)13:00-
場所:鹿児島大学水産学部東町ステーション セミナー室
内容:
13:00 開会挨拶 前田広人 教授(鹿児島大学 水産学部)
講演 司会進行 安達貴浩 教授 (鹿児島大学大学院理工学研究科)

「鹿児島県におけるシャトネラ赤潮被害」
鹿児島県水産技術開発センター・中島広樹 研究員
「2016年夏季に八代海で発生したシャットネラ赤潮について」
熊本県水産研究センター・吉村直晃 研究員
「八代海における栄養塩モニタリングと水質の季節変動」
鹿児島大学水産学部・ 奥西将之 特任准教授
「赤潮休眠細胞の検出 –分子指標を用いた赤潮原因藻類シストモニタリング技術の開発」
鹿児島大学水産学部・ 吉川 毅 准教授
「鹿児島湾北部海域における赤潮についての研究」
鹿児島大学理工学研究科・小橋乃子 特任助教
総合討論

 

志布志港でかごしま丸の見学会を開催しました
大崎町野方小学校、竹内校長先生以下22名の小学生一行これから乗船
大崎町野方小学校、竹内校長先生以下22名の小学生一行これから乗船

3月8日と9日に志布志港に停泊中のかごしま丸において、高校生や小学生を対象に海洋学や水産学への理解と向学心を啓発するための見学会を行いました。
8日に訪問したのは、大崎町野方小学校の22名と志布志市松山小学校12名です。元気のいい小学生で、実習生とともに船内を散策し、最後に講演会と質問会を経験しました。その翌日は志布志高校生15名が乗船し、本学の実習生15名とマンツーマンで船内を見学し、その後講演会と学生との交流会を経験しました。今回の停泊では、大崎町教育委員会、志布志町教育委員会および各報道機関の訪問を含めて合計で約50名の参加者を得ました。

大崎町野方小学校

野方小学校児童のブリッジ見学
野方小学校児童のブリッジ見学
操舵操作の説明
操舵操作の説明
元気いっぱいの大崎町野方小学校1年生と4年生のみなさんと全員で記念撮影
元気いっぱいの大崎町野方小学校1年生と4年生のみなさんと全員で記念撮影

志布志市松山小学校

松山小学校一行デッキであいさつ
松山小学校一行デッキであいさつ
松山小学校児童のブリッジの見学
松山小学校児童のブリッジの見学
松山小学校児童のデッキの見学
松山小学校児童のデッキの見学

志布志高校

志布志高校のみなさん
志布志高校のみなさん
講義を受ける志布志高校のみなさん。大変元気のある生徒さんでした
講義を受ける志布志高校のみなさん。大変元気のある生徒さんでした
4年生の卒論の研究紹介に聞き入る志布志高校のみなさん
4年生の卒論の研究紹介に聞き入る志布志高校のみなさん
海上保安庁測量船拓洋の見学を行いました

170306a1

170306a22月22日京浜港月島水産埠頭に寄港中のかごしま丸水産総合乗船実習中の学生は、吉田夏希氏(平成25卒:海上保安庁海洋情報部)が乗船している測量船拓洋の見学を行いました。データ測定方法、搭載機器類の説明、小笠原諸島西之島上陸の話などを聞き、警備、救難のイメージを強く持っていた学生は、保安官の任務について認識を深めるとともに、現場で活躍している先輩を見て自分の将来について考える良い機会になりました。

FDワークショップ「教員数削減の中での大学教育の質の保証と向上」を開催しました

FDワークショップ1FDワークショップ2

水産学部FD委員会では、平成29年2月6日に、学部教職員を対象としてFDワークショップ「教員数削減の中での大学教育の質の保証と向上」を開催しました。

ワークショップでは近年、教員数が減少する中で、教育の質をどのようにして保証し、向上させるかについて検討することを目的として、下記の内容で実施しました。

FDワークショップ内容

  1. グループ分け、記録者、発表者の決定
  2. アイスブレイク(各自、現在の教育に対して思うこと)
  3. グループ討論
  4. グループ別発表会

 

アイスブレイク、グループ討論では、Playing story card「カタルタ」を使いながら終始、和やかな雰囲気で進めることができ、教職員各自が普段から考えていることや思っていることを自由に出し合うことができたようです。

最後のグループ別発表会では、今後、限られた教員数で最大限の教育効果を上げるには、どのような対策を講じれば良いか?、効果的で、効率的なカリキュラム、授業方法とは何か?などについての意見が出されました。

今回のワークショップで検討した内容は、水産学部FD報告書にまとめ、来月に学部ホームページに掲載する予定です。

Page Top