トピックス:すべて

かごしま丸が熱帯水産学国際連携履修プログラム(ILP)構成研究科の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
実習終了後の参加学生の集合写真

令和元年9月23日、本学部附属練習船かごしま丸は、熱帯水産学国際連携履修プログラム(ILP)構成研究科の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
この事業は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環であると同時に、平成27年度に開設された熱帯水産学研究科プログラム(ILP: Postgraduate Programme on Tropical Fisheries with International Linkage)に基づき、水産学部で開講された農林水産学研究科サマーセッションに参加したILP構成研究科の学生を対象として実施されたものです。ILPは、鹿児島大学農林水産学研究科に加え、インドネシア国サムラトランギ大学水産・海洋科学研究科、インドネシア国ボゴール農科大学水産・海洋科学研究科、マレーシア国マレーシア・トレンガヌ大学養殖・水産学研究科、フィリピン国フィリピン大学ビサヤス校水産・海洋科学研究科、タイ国カセサート大学水産学研究科、ベトナム国ニャチャン大学大学院が連携し、共通するルールの下に共同で構築・運営する大学院国際共同教育プログラムです。ILP構成校からは、鬼頭景子助教(本学国際食料資源学特別コース専任)に引率された、本学農林水産学研究科の学生1人、サムラトランギ大学水産・海洋科学研究科の学生4人、マレーシア・トレンガヌ大学養殖・水産学研究科の学生4人、フィリピン大学ビサヤス校水産・海洋科学研究科の学生2人、カセサート大学水産学研究科の学生2人、ニャチャン大学大学院の学生2人が参加し、鹿児島港停泊中のかごしま丸船上で有田洋一二等航海士(助教)と三橋廷央次席二等航海士(助教)の指導を受けました。
実習では、“Kagoshima maru: Highly-advanced mobile platform for hands-on education and scientific researches on the sea”と題して、かごしま丸の電気推進システムや特殊操船機能などの特徴と各種の生物採集具や漁撈装置、海洋観測機器等の搭載設備とそれらを使った実習・研究の概要について英語で講義を受けるとともに、有田、三橋両航海士の案内で船内を見学しました。短時間の実習でしたが、参加したILP構成大学の学生は大いに満足したようでした。
鬼頭助教は、「来年度も、かごしま丸の航海日程を考慮してサマーセッション日程を調整し、今回のような実習・見学を実施したい。」と語っていました。

かごしま丸が日本大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
実験準備

令和元年8月16日から9月13日の29日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、日本大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
同大学からは小島隆人教授に引率された生物資源科学部海洋生物資源科学科の4年生1人と大学院生物資源科学研究科修士課程の1年生1人が参加し、航海中に実施したマグロ延縄操業実習を利用して、卒業研究と修士研究のための実験と資料収集を行うと共に、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員の指導を受けました。
4年生の学生は、海水に浸漬された異種金属間に生じる微小電流の漁獲への影響を調べるために、使用する釣針(操業あたり750~600本)の約半分に金属棒等を装着して操業を行い、釣針毎の漁獲資料を収集しました。一方、修士課程の学生は、まぐろ延縄の釣餌(イカ)を電極として用いて、これを捕食した魚の心電図記録を試みました。参加した日本大学の教員と学生は、計6回のマグロ延縄操業実習中、実験とデータ収集・整理に加えて、早朝の投縄と夕方からの揚げ縄作業の全てに参加し、本学学生と一緒に作業を行いました。また、漁場への往復時は、操業準備と後片付けに加えて、かごしま丸が北海道大学、東京海洋大学及び長崎大学の練習船と連携して実施中の環境省事業「日本沖合域におけるマイクロプラスチックを含む漂流ごみ・海底ごみ実態把握調査」の一環で行った漂流ごみ目視観測にも参加しました。
参加した日本大学教員・学生は、台風の影響のためにマグロ延縄操業実習を予定より早く切り上げざるを得なかったことを少し残念がっていましたが、一方で予想外の実験結果が得られたこともあり、長期の乗船実習に大いに満足したようでした。また、乗船中は、公海域水産乗船実習(遠洋航海)で乗船中の水産学部2年生15人と一緒に作業を行い、長期間洋上で共に生活したので、日本大学学生の下船時にはお互いに名残惜しい様子でした。小島教授は、「今回の共同利用乗船実習で得られた研究成果を出来るだけ早く論文にまとめて発表したい。学生たちは約1カ月の長期乗船ということもあり、毎日の船上での出来事が強く印象に残った様で、乗組員や水産学部学生の地道な作業や準備が安全で円滑な実習を可能にしていることに気付かされたようです。」と語っていました。

マグロ延縄操業(投縄)
東南アジア漁業開発センターとの学術協力協定更新に関する調印式を行いました
調印式

2003年に本学部と東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC)との間で学術協力に関する協定を締結して以来、SEAFDEC職員、本学部の教員、学生との間で活発な交流を図ってきました。このたび協定期間の満了を迎え、今後さらに5年間の延長をするために、2019年8月26日に本学部学部長室において協定更新に関する調印式を行いました。
SEAFDECからは、Dr. Kom Silapajarn事務局長、Mr. Akito Sato 次長、Ms. Nualanong Tongdeeの3名の職員が来学しました。
調印式の終了後には特別セミナーを開催し、Dr. Kom Silapajarn事務局長による特別講演「SEAFDEC のIUU 漁業対策の紹介」が行われました。本学部の教員からはSEAFDECとのこれまでの活動実績を報告し、また、大学院・熱帯水産学国際連携プログラム(ILP)について紹介しました。SEAFDEC職員は本学部の実験施設も視察され、今後、さらに連携を図っていく上で双方の理解を深める貴重な時間となりました。

特別セミナー
Dr. Kom Silapajarn事務局長による特別講演
本学部の食品工場を視察
華中農業大学水産学院の学生と先生が来学しました
華中農業大学水産学院の学生22名と教員2名(両端)

8月5日〜8月9日の間、部局間交流協定に基づく事業の一貫として、華中農業大学水産学院(中国、湖北省武漢市)の学生22名(学部学生および大学院生)と先生2名を受け入れました。華中農業大学は農水系の研究・教育を中心とし、16の学部(学院)を擁する総合大学で、昨年度、当学部との間で部局間協定を締結しました。また、本学農学部とも協定を結んでおり、部局をまたいだ活発な交流を強く望んでいます。また、中国側における代表者の高教授は水産学部から修士課程を経て連合農学研究科で学位を取得した、本学のOBです。来学中には台風9号が鹿児島へ接近していましたので、主にキャンパス内で講義や解剖実習、プレゼンテーションなどの活動を行いました。また、台風の合間を縫って鹿児島県水産技術開発センターの視察も行い、鹿児島県の養殖や赤潮についての講義を受けました。ご協力いただいた皆様へこの場をお借りしてお礼申し上げます。

食品実習工場の見学
高教授による華中農業大学の紹介
カンパチ稚魚の解剖実習。ほとんどの学生は海水魚を生まれて初めて触ったとのこと
親子で理系見学会を開催いたしました

8月24日 「親子で理系見学会」を開催いたしました。
鹿児島水族館にて本学部卒業生である堀江さんに水族館のバックヤードをガイドしていただき、懇談致しました。
続いて、本学部練習船南星丸に乗船し、畑辺さんに航海士のお仕事についてレクチャーしていただくとともに、錦江湾体験航海を致しました。
当日は曇り時々雨のあいにくの天気ではございましたが、参加者の女子中高生の晴れやかな笑顔とともに、予定とおり終了いたしました。
今後も、女子中高生の理系進路選択を推進するお手伝いをしてまいります。
女子中高生の皆さん、理系で、水産学部で、楽しく学び、明るい未来を手に入れましょう!

公開講座「親子で冒険!かごしまの海2019」を開催しました
ナミクダヒゲエビを食べよう!

「イカやタコは頭からあしがはえているんだよ」「へんてこだね」「だから頭足類っていうんだよ」 終始和やかな雰囲気で、毎年恒例の公開講座「親子で冒険!かごしまの海2019」が開催されました。
2019年7月27日(土)、抽選で選ばれた24名の親子は学生によるクイズ大会で緊張をほぐし、大富潤教授から鹿児島の海や生き物の魅力、地魚を食べることのすばらしさやなかなか魚食が伸びない現状や打開策(?)などに関する講義を受けた後、いよいよ錦江湾へ…。
南星丸に乗船し、深海へ向けて出発! 実際に網で深海底にいる魚やエビ・カニを採集し、手にとって観察しました。錦江湾で見つけた新種のエビもいました! この冒険に参加した人たちは、口々に「目の前の海にいる生き物なのに、出合うのは初めて」といい、感動をあらわにしていました。
大富教授、土井准教授からは採集に使う網の説明を、学生からはおもしろい生き物について研究者の観点からの説明を受けた参加者の皆さん、幅野船長から操船の手ほどきも受けました。舌でも学ぶ本講座では、採れたての深海エビを生でいただきます。参加者の皆さんはふだん食べる刺身とのちがいを実感されているようでした。
下船後は下荒田キャンパスにもどり、今日のまとめのワークブックの作成です。大人も子どももおおいに楽しみ、驚きの連続の1日でした。暑い中、最後までみんな熱く元気に過ごすことができました。スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。参加された皆さんにはすばらしい海の伝え人になっていただきたいです。

学生による海のクイズ大会
網に入った魚の気持ちは?
初めて見る深海魚に驚き
ワークブックの完成!
公開講座「海の生物の不思議~ダイオウイカを知ろう~」を開催しました

2019年7月27日(土)公開講座「海の生物の不思議~ダイオウイカを知ろう~」を開催しました。
本公開講座には、夏休みの自由研究をかかえた小学生、生物に興味をお持ちの中高生から、還暦を超える方など80名ほどの方々にご参加いただきました。
加藤早苗准教授によるイカとダイオウイカに関するクイズを交えた簡単な講義の後に、ドキュメンタリー映画「巨大生物 進化の謎 ~ダイオウイカ大解剖~」を上映致しました。皆さんとても熱心にご参加いただき、講義終了時には多くのご質問やご感想をいただきました。
詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

「いお・かごしま」魚食普及拡大推進協議会の主催、「お魚教室」を開催しました
関係者のみなさん(右上1.鳥居享司 准教授)

7月20日、「いお・かごしま」魚食普及拡大推進協議会の主催で、鹿児島市中央卸売市場において、水産学部生を対象にしたお魚教室を開催しました。
まず、鹿児島市の担当者の案内のもと、市場内を見学しました。沖合を台風が通過中ということもあり、市場に上場される魚介類はごく僅かでしたが、施設の様子や市場の役割などを学ぶことができました。
その後、水産学部OBの福永様を講師役に、調理教室を開催しました。今回は、『お刺身でできる、かんたん!おいしい!魚料理』と題して、学生の自宅でも再現しやすい簡単な魚介料理を教えて頂きました。皆、真剣な表情で、カンパチ、マダイ、シマアジ、カツオを用いた海鮮丼、海鮮スープ、海鮮生春巻きにチャレンジしました。色々な方々のサポートもあり、いずれも満足できるものに仕上がりました。試食する学生は皆、笑顔でした。
福永様、鹿児島市の方々、そして鹿児島県漁連をはじめとする水産関係の皆様、お忙しいところありがとうございました。

鹿児島市中央卸売市場の見学
講師は水産学部OBの福永 様
たくさんの方々のサポートがありました
本日のメイン、韓国風海鮮丼
「ドリーム桜島タイム」体験活動で東桜島中学校の生徒さんが見学されました
佐野雅昭 教授(左)と東桜島中学校2年生8名

令和元年7月1日(木)に鹿児島市東桜島中学校10名(生徒2年生8名、教員2名)が、総合的な学習の時間「ドリーム桜島タイム」の体験活動の中で、水産学部内の見学と講話(鹿児島湾に生息する魚、養殖、水産業と観光との関連等)聴講のため、水産学部訪問があった。
当日は佐野副学部長(広報担当)が「錦江湾探検隊パンフ等」を資料にして丁寧に説明を行った。生徒の方々からの質問タイムでは、「魚の旬の時季」、「魚の鼻の数」の質問がある等、熱心な聴講となり謝意が述べられ、水産学部への関心が深められた。

韓国・ノルウェー水産業に関するセミナーを開催しました
韓国・済州大学校海洋科学大学・教授 金 碩鍾 氏

済州大学校海洋科学大学の金碩鍾教授、トロムソ大学大学院の坂野加奈氏をお招きして韓国・ノルウェー水産業に関するセミナーを開催しました。
金碩鍾教授の講演では、韓国水産業の現状や済州島で行われている漁船漁業について説明をして頂いた上で、最近の研究例として漁業者による船上作業の負担軽減や操業の効率化を図るための技術開発の事例を紹介して頂きました。

ノルウェー・トロムソ大学大学院 坂野加奈 氏

坂野加奈氏の講演では、トロムソ大学大学院修士課程での留学生活について自らの経験談を交えながら話をして頂き、また、ノルウェーサーモン養殖の最新技術について紹介して頂きました。
会場には満席になるほどの参加者があり(教員6名、学生31名)、講演会終了後には、講演者に熱心に質問する学生の姿が見られました。
本セミナーは韓国の漁船漁業やノルウェーの養殖業の最新情報に触れる大変良い機会になりました。

 

第138回海洋センターセミナー
共催:鹿児島大学産学・地域共創センター
日時:令和元年7月5日(金) 16:30~18:30
場所:図書館水産学部分館 1F セミナールーム
講演1「済州島の水産業」
講演者:金 碩鍾 氏(韓国・済州大学校海洋科学大学・教授)
講演2「フィヨルドの国・ノルウェーでの研究生活と水産養殖最前線」
講演者:坂野加奈 氏(ノルウェー・トロムソ大学大学院)

Page Top