トピックス:学生

かごしま丸が近畿大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
船内講義

令和元年10月11日から17日の7日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、近畿大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
近畿大学からは鳥澤眞介講師に引率された農学部水産学科の4年生1人と3年生11人の学生が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸教員・乗組員と学部から参加した西隆昭准教授、山中有一准教授の指導を受けました。
この実習は、台風19号の影響による荒天のために、当初計画していた東シナ海での着底トロール操業実習を宇治群島沖での手巻きリールによる釣り実習に変更して実施しました。初日は荒天避難のために指宿市山川に向かい、2日間の寄港後、海況が好転するのを待って宇治群島沖に向かい、釣り実習と漁獲物の同定・測定実習を行いました。また、航海中には、操舵体験と船内見学、ロープワーク、薩摩半島沖でのCTDと多筒採水器による海洋観測及び漂流ごみ目視観測調査の実習を行うと共に、西准教授、山中准教授の指導により、実習で得た漁獲資料及び海洋観測資料の分析を行ないました。また船内では、西准教授、山中准教授及びかごしま丸の三橋次席ニ等航海士から、「かごしま丸トロール網のシンメトリーシステムと船内LAN」、「CTD観測と鹿児島湾の海洋環境」、「日本沖合域のマイクロプラスチックを含む漂流ごみ・海底ごみ実態調査」について講義を受けました。鳥澤講師からは、近畿大学漁業生産システム研究室が取り組んでいる「バイオロギングによる生物行動解析」や「まき網の漁具動態シミュレーション」の研究紹介が行われました。かごしま丸は10月15日~16日は山川に再寄港し、三福水産株式会社かつお節製造工場を見学しました。
参加した近畿大学の教員・学生は、荒天のためにトロール操業実習が中止になったことを残念がっていましたが、釣り実習ではアオダイ(ホタ)やヒメダイなど大型魚も釣れたこともあり、大型練習船による洋上実習に満足したようでした。また、船上での共同生活を通して、両大学の学生間の親交も深まった様子でした。鳥澤講師は、「学生達にとって、かごしま丸での実習は在学中唯一の外洋航海や漁業操業を実体験できる機会であり、陸上キャンパスでの学習では得難い貴重な体験となっている。今後も共同利用制度を利用して、この有意義なフィールド実習を継続実施したい。」と語っていました。参加した近畿大学の学生には、同大学の漁業情報学実習の単位が付与される予定です。
なお、この航海には、本学部の水産資源科学乗船実習I受講の2年生6人、水産資源科学乗船実習Ⅱ受講の3年生2人も混乗して近畿大学の学生と同じ内容の実習を行いました。また、本学大学院農林水産学研究科の大学院資源・計測乗船実習受講の修士課程1年生3人も混乗して実習を行いました。

操舵体験
漂流ごみ目視観測
CTDと多筒採水器による海洋観測
宇治群島沖での釣り実習
かつお節工場見学(指宿市山川)
かごしま丸が熱帯水産学国際連携履修プログラム(ILP)構成研究科の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
実習終了後の参加学生の集合写真

令和元年9月23日、本学部附属練習船かごしま丸は、熱帯水産学国際連携履修プログラム(ILP)構成研究科の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
この事業は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環であると同時に、平成27年度に開設された熱帯水産学研究科プログラム(ILP: Postgraduate Programme on Tropical Fisheries with International Linkage)に基づき、水産学部で開講された農林水産学研究科サマーセッションに参加したILP構成研究科の学生を対象として実施されたものです。ILPは、鹿児島大学農林水産学研究科に加え、インドネシア国サムラトランギ大学水産・海洋科学研究科、インドネシア国ボゴール農科大学水産・海洋科学研究科、マレーシア国マレーシア・トレンガヌ大学養殖・水産学研究科、フィリピン国フィリピン大学ビサヤス校水産・海洋科学研究科、タイ国カセサート大学水産学研究科、ベトナム国ニャチャン大学大学院が連携し、共通するルールの下に共同で構築・運営する大学院国際共同教育プログラムです。ILP構成校からは、鬼頭景子助教(本学国際食料資源学特別コース専任)に引率された、本学農林水産学研究科の学生1人、サムラトランギ大学水産・海洋科学研究科の学生4人、マレーシア・トレンガヌ大学養殖・水産学研究科の学生4人、フィリピン大学ビサヤス校水産・海洋科学研究科の学生2人、カセサート大学水産学研究科の学生2人、ニャチャン大学大学院の学生2人が参加し、鹿児島港停泊中のかごしま丸船上で有田洋一二等航海士(助教)と三橋廷央次席二等航海士(助教)の指導を受けました。
実習では、“Kagoshima maru: Highly-advanced mobile platform for hands-on education and scientific researches on the sea”と題して、かごしま丸の電気推進システムや特殊操船機能などの特徴と各種の生物採集具や漁撈装置、海洋観測機器等の搭載設備とそれらを使った実習・研究の概要について英語で講義を受けるとともに、有田、三橋両航海士の案内で船内を見学しました。短時間の実習でしたが、参加したILP構成大学の学生は大いに満足したようでした。
鬼頭助教は、「来年度も、かごしま丸の航海日程を考慮してサマーセッション日程を調整し、今回のような実習・見学を実施したい。」と語っていました。

かごしま丸が日本大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
実験準備

令和元年8月16日から9月13日の29日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、日本大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
同大学からは小島隆人教授に引率された生物資源科学部海洋生物資源科学科の4年生1人と大学院生物資源科学研究科修士課程の1年生1人が参加し、航海中に実施したマグロ延縄操業実習を利用して、卒業研究と修士研究のための実験と資料収集を行うと共に、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員の指導を受けました。
4年生の学生は、海水に浸漬された異種金属間に生じる微小電流の漁獲への影響を調べるために、使用する釣針(操業あたり750~600本)の約半分に金属棒等を装着して操業を行い、釣針毎の漁獲資料を収集しました。一方、修士課程の学生は、まぐろ延縄の釣餌(イカ)を電極として用いて、これを捕食した魚の心電図記録を試みました。参加した日本大学の教員と学生は、計6回のマグロ延縄操業実習中、実験とデータ収集・整理に加えて、早朝の投縄と夕方からの揚げ縄作業の全てに参加し、本学学生と一緒に作業を行いました。また、漁場への往復時は、操業準備と後片付けに加えて、かごしま丸が北海道大学、東京海洋大学及び長崎大学の練習船と連携して実施中の環境省事業「日本沖合域におけるマイクロプラスチックを含む漂流ごみ・海底ごみ実態把握調査」の一環で行った漂流ごみ目視観測にも参加しました。
参加した日本大学教員・学生は、台風の影響のためにマグロ延縄操業実習を予定より早く切り上げざるを得なかったことを少し残念がっていましたが、一方で予想外の実験結果が得られたこともあり、長期の乗船実習に大いに満足したようでした。また、乗船中は、公海域水産乗船実習(遠洋航海)で乗船中の水産学部2年生15人と一緒に作業を行い、長期間洋上で共に生活したので、日本大学学生の下船時にはお互いに名残惜しい様子でした。小島教授は、「今回の共同利用乗船実習で得られた研究成果を出来るだけ早く論文にまとめて発表したい。学生たちは約1カ月の長期乗船ということもあり、毎日の船上での出来事が強く印象に残った様で、乗組員や水産学部学生の地道な作業や準備が安全で円滑な実習を可能にしていることに気付かされたようです。」と語っていました。

マグロ延縄操業(投縄)
「いお・かごしま」魚食普及拡大推進協議会の主催、「お魚教室」を開催しました
関係者のみなさん(右上1.鳥居享司 准教授)

7月20日、「いお・かごしま」魚食普及拡大推進協議会の主催で、鹿児島市中央卸売市場において、水産学部生を対象にしたお魚教室を開催しました。
まず、鹿児島市の担当者の案内のもと、市場内を見学しました。沖合を台風が通過中ということもあり、市場に上場される魚介類はごく僅かでしたが、施設の様子や市場の役割などを学ぶことができました。
その後、水産学部OBの福永様を講師役に、調理教室を開催しました。今回は、『お刺身でできる、かんたん!おいしい!魚料理』と題して、学生の自宅でも再現しやすい簡単な魚介料理を教えて頂きました。皆、真剣な表情で、カンパチ、マダイ、シマアジ、カツオを用いた海鮮丼、海鮮スープ、海鮮生春巻きにチャレンジしました。色々な方々のサポートもあり、いずれも満足できるものに仕上がりました。試食する学生は皆、笑顔でした。
福永様、鹿児島市の方々、そして鹿児島県漁連をはじめとする水産関係の皆様、お忙しいところありがとうございました。

鹿児島市中央卸売市場の見学
講師は水産学部OBの福永 様
たくさんの方々のサポートがありました
本日のメイン、韓国風海鮮丼
「ドリーム桜島タイム」体験活動で東桜島中学校の生徒さんが見学されました
佐野雅昭 教授(左)と東桜島中学校2年生8名

令和元年7月1日(木)に鹿児島市東桜島中学校10名(生徒2年生8名、教員2名)が、総合的な学習の時間「ドリーム桜島タイム」の体験活動の中で、水産学部内の見学と講話(鹿児島湾に生息する魚、養殖、水産業と観光との関連等)聴講のため、水産学部訪問があった。
当日は佐野副学部長(広報担当)が「錦江湾探検隊パンフ等」を資料にして丁寧に説明を行った。生徒の方々からの質問タイムでは、「魚の旬の時季」、「魚の鼻の数」の質問がある等、熱心な聴講となり謝意が述べられ、水産学部への関心が深められた。

台湾の水産系高等職業学校の学生と先生が本学を訪問されました
台湾の水産系高等職業学校の生徒7名と教諭3名

大学間協定校である高雄科技大学からの依頼を受け、台湾の水産系高等職業学校(5校)の生徒7名、教諭3名、および高雄科技大学・学生国際交流担当の余准教授に対し、鹿児島県内の海面生簀養殖現場の視察や練習船かごしま丸の視察を行いました。今後、高雄科技大学への進学を予定している生徒たちに、国外の水産業現場や教育研究施設を視察させ、見分を広げさせたいという趣旨の視察旅行とのことでした。鹿児島県垂水市の牛根漁業協同組合のご協力をいただき、職員の方に養殖場を案内いただいたり、組合の近年の取り組みを紹介いただき、学生や教諭の質問にお答えいただきました。かごしま丸視察では、内山船長および三橋次席二等航海士が対応し、練習船の歴史、船の設備、研究機器、教育実習・研究の概要等について紹介しました。学生からは様々な質問が活発になされました。視察を通じ、鹿児島県の水産業現場や、大学の持つ教育や研究を行う練習船ならびに役割について理解してもらえたと思います。本視察を受け入れていただいた、牛根漁業協同組合に感謝いたします。

 

牛根漁業協同組合にて
(左)視察団長 謝旻淵校長先生(澎湖海事高校)、(右)かごしま丸 内山正樹船長
かごしま丸 船橋 (BRIDGE)にて
かごしま丸が放送大学と志學館大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
退船操練

令和元年5月25日から5月26日の2日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、放送大学と志學館大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
放送大学からは、鹿児島学習センターの住吉文夫所長と職員1人に引率された「鹿児島湾洋上実習」受講の19人が、志學館大学からは近藤諭教授に引率された「フィールドで学ぶ環境科学」受講の人間関係学部の2年生1人と1年生2人及び法学部3年生1人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した山中有一准教授の指導を受けました。「鹿児島湾洋上実習」は、かごしま丸を利用した洋上実習を主体とする現場学習型の科目で、放送大学鹿児島学習センターの全国開放型の面接授業として平成25年度に新設開講されたものです。7年目となる今年は、鹿児島県内はもとより、九州、中国、近畿、中部、関東地方から20代~70代までの幅広い年齢層の学生が参加しました。また、「フィールドで学ぶ環境科学」は、本学の教育関係共同利用施設であるかごしま丸及び農学部附属高隅演習林での現場体験型実習と志學館大学での講義を通じて、環境問題に関する基礎的知識を学習する科目で、平成28年度に同大学の共通教育科目として新設開講されたものです。
初日は、谷山港停泊中のかごしま丸船内で、東隆文首席一等航海士による乗船実習ガイダンスを受けた後、船内見学と退船訓練を行った後、山中准教授と三橋廷央次席二等航海士から「海洋観測とは」、「水産資源評価-どうすれば水中の魚の数がわかるか-」についての講義を受けました。晴天に恵まれた2日目は、午前8時30分に谷山港を出港し、2班に分かれて船内見学と操舵実習を行いながら水深200m超の鹿児島湾中央部の実習海域に向かいました。実習海域では、CTDと多筒採水器及び透明度板による海洋観測、スミス・マッキンタイアー採泥器による底質・ベントスの採集と観察、北太平洋標準ネットによるプランクトンの採集と実体顕微鏡による観察の実習を行うと共に、ロープワークの実習を行いました。かごしま丸は予定したすべての実習を完了した後、実習海域を離れ、予定通り15時過ぎに谷山港に入港しました。この間に参加学生はまとめの講義を受けた後、レポートによる最終試験を受けました。
両大学の受講生にとって大型練習船での洋上実習は初めての体験でしたが、平穏な海況のもとで予定したすべての実習を無事故で実施できたこともあり、参加した両大学の教員と学生は大いに満足したようでした。放送大学の学生からは、「海洋観測を体験し、海の内包する複雑さ、すごさ、豊かさを実感できた。」、「海洋観測は、大変地味な作業の繰り返しでデータや試料を取得し、それを地道に分析するという想像以上に根気と時間とお金がかかる仕事だと感じた。」といった感想が聞かれました。また、志學館大学の近藤教授は、「文科系大学では見聞できない実験装置や器具、また航海士を目指して精進している水産学部の4年生の意識の高さに触れることができ、得難い経験をさせていただいた。」と語っていました。参加した放送大学の学生には、実習レポートに基づいて同大学の「鹿児島湾洋上実習」の単位が、志學館大学の学生には陸上での指導と合わせて同大学の「フィールドで学ぶ環境科学」の単位が、それぞれ付与される予定です。

船内講義
機関室見学
CTDと多筒採水器による海洋観測
かごしま丸が日本大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
本学教員による講義

令和元年5月17日から23日の7日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、日本大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
同大学からは小島隆人教授に引率された生物資源科学部海洋生物資源科学科の3年生5人と4年生3人及びTAの大学院生物資源科学研究科修士課程1年生2人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した上西由翁教授と山岡浩技術主任の指導を受けました。
今回の実習では、出港から数日間、強風を伴う荒天が続くことが予想されたため、予定していた東シナ海での着底トロール実習を断念し、種子島沖での釣り実習に変更しました。初日は、東隆文首席一等航海士から乗船ガイダンスを受け、退船操練に参加した後、13時に出港し、鹿児島湾内でCTDと多筒採水器を使った海洋観測を行った後、操舵実習を行いながら種子島沖に向かいました。18日と19日は、種子島島間港沖で釣り実習を行い、参加した学生は、強い風雨の中でゴマサバやアオヤガラなどを釣りあげていました。釣り実習の合間には、上西由翁教授から「生鮮魚の鮮度変化」について講義を受けると共に、ロープワーク実習や山岡技術主任の指導による釣り実習の漁獲物を原料としたすり身製造実習を行いました。かごしま丸は、20日に馬毛島沖に移動して釣り実習を行った後、種子島西之表市に寄港し、翌21日は、種子島漁業協同組合せり市場を見学した後、島内の自由見学を行いました。22日は、かごしま丸と並んで停泊していた東海大学練習船望星丸を見送った後、西之表港を出港して鹿児島への帰路につきました。鹿児島への航海中には、小島教授よる日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科の紹介と「ロープ端末の処理」実習が行われ、その後、2班に分かれて、かごしま丸教員の指導で航海当直実習と機関室見学を行いました。航海当直実習では、自分たちでジャイロコンパスやレーダを使って測定した灯台等の陸上物標の方位や距離情報に基づく海図上での現在位置決定、六分儀による太陽の下辺高度の観測等を体験しました。参加した学生は、荒天によるトロール操業実習の中止や釣り実習で加工実習の原料となる魚が十分に釣れなかったことを非常に残念がっていましたが、全員が船酔いすることなく荒天下での実習に参加して自然の厳しさを体感し、航海当直実習や寄港地での見学上陸など大型練習船ならではの実習を経験できたことに満足した様子でした。また、船内で本学部3年生と一緒に過ごす時間が長かったこともあり、両大学の学生は日に日に交流を深め、下船後もお互いに名残惜しい様子でした。参加した学生には、後日提出されるレポートに基づいて、同大学の海洋生物資源科学実習の単位(1単位)が付与される予定です。
なお、この実習航海には、本学部科目「漁獲物船上処理乗船実習」受講の水産学部3年生18人も混乗して、日本大学の学生と同じ内容の実習を行いました。

釣り実習
すり身製造実習
種子島漁協せり市場見学
かごしま丸が早稲田大学及び本学法文学部の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
出港見学

令和元年5月9日から5月11日の3日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、早稲田大学及び本学法文学部の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
早稲田大学からは法学部3年生の10人が、本学法文学部からは松田忠大教授と本学URAセンターの張秀絹特任准教授に引率された法経社会学科3年生の9人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸教員・乗組員の指導を受けました。この実習は、早稲田大学法学部長箱井崇史教授と松田教授により、両大学の共同演習「海商法セミナー」として企画・実施されたものです。
この実習は、かごしま丸での洋上実習を通して、海上物品輸送という商行為について定めた法律である海商法(商法第三編)の法解釈や船舶衝突により生じた賠償責任等の裁判例に現れた事案の理解をする上で重要な、大型船舶の構造・設備、運航実務及び海上交通法規を学習することを目的として実施されました。初日は、谷山港停泊中のかごしま丸船内で乗船オリエンテーションと退船操練を行った後、三橋次席ニ等航海士から「船体構造及び乗組員職制」について、内山船長から「海上交通法規(海上衝突予防法、海上交通安全法、港則法)」について講義を受けました。また夕食後は、松田教授による船内セミナー「船舶衝突による賠償責任」が行われました。2日目は、午前9時に谷山港を出港し、錦江湾を南下しながら、3班に分かれて船内見学、操舵実習、ロープワーク実習を行った後、張特任准教授による船内セミナー「中国海商法および海事法院について」が行われました。大隅半島立目埼沖到着後は、目視及びレーダ、船舶自動識別装置(AIS)等の航海機器により、自船周辺を航行する船舶の把握を体験しました。日没後は、錦江湾を北上しながら、かごしま丸教員・乗組員の指導の下、3班に分かれて船橋で航海当直実習を行い、灯火(航海灯)の見え方による他船の進行方向や衝突のおそれの有無の判断、避航方法、灯色や点滅周期による灯台など航路標識の識別、コンパスやレーダで測定した物標の方位や距離に基づく自船の位置決定など大型船の運航実務を体験しました。最終日は、入港作業の見学をした後、9時に谷山港に着岸・下船しました。
今回は、全行程穏やかな天候に恵まれて、予定したすべての実習を無事故で実施できたこともあり、共同セミナーに参加した両大学の教員及び学生は大いに満足したようでした。松田教授は、「かごしま丸での航海体験は、海商法を学ぶ学生たちにとって大変貴重な機会であり、毎年、船上での体験や受講内容を陸上での講義で活用させてもらっている。」と語っていました。

船内セミナー
操舵実習
夜間航海当直実習
国際食料資源学特別コース卒業プロジェクト報告発表会が実施されました

水産学部と農学部が4年前に共同で開設した国際食料資源学特別コースの第一期卒業予定学生のうち、7名が卒業プロジェクトを実施し、水産学サブコースから5名の学生がこの発表会で成果を発表してくれました。
発表会には学内・外から60名を超す方々が参加され、英語による発表、質疑が活発に行われました。

 

 

報告題目は以下の通り。

マレーシア派遣
・Current Status and Future Effective Use of Marine Products in Malaysia
セントルシア派遣
・Cooperative Project to Make an Attractive Fishing Port in Vieux Fort Fishing Complex in St. Lucia
・Current Status and Utilization of Marine Products in St. Lucia
スペイン派遣
・Current Status of Consumed Fish in Alicante, Spain and several locations in Tunisia, and a Survey in a Marine Protected Area
コロンビア派遣
・Activities for Complete Farming of Fish in Colombia

なお、これらのプロジェクトのうち、特に3件はJICA大学連携ボランティア派遣事業の短期派遣の枠組みを利用させていただいており、JICA関係者、セントルシア水産局、コロンビアマグダレナ大学および地域の漁業者を中心に多くの方々の協力と支援をいただきました。また、1件はマレーシアでの草の根事業の事前調査の一部となっており、JICAマレーシア事務所やマレーシア水産局およびマレーシアトレンガヌ大学の先生方をはじめ、多くの方々の協力と支援をいただきました。
多くの方々のご支援、ご協力ありがとうございました。

Page Top