トピックス:学生

2020年度公海域水産乗船実習日記[かごしま丸]最終話



乗船実習日記 最終話
8/31 9/5 9/9 9/15 9/19

第5話「最終話」[9/19]
鹿児島へ帰港しました。漁具陸揚げ、船内清掃等を行い19日乗船実習終了となりました。かごしま丸は1週間後、次航海に出港します。
乗船前、長いと思っていた実習も過ぎてしまえばあっと言う間でした。「水産学部に来たからにはここでしか味わえない経験をしておこう」と乗船しましたが、海技士プログラム学生と比べ特に差が出ることなく、同じ体験ができました。大学に通って椅子に座りただ話を聞くよりも面白くて貴重な経験ができたので乗船して本当に良かったと感じています。(実習生:神谷 隼輔)
実習期間中、乗組員の方々に多くのことを教わったり、実物を見て学んだりと日々の生活の中では到底得ることができない貴重な経験をたくさんすることができました。
主体的に行動しなければ得るものが少ないと気付いた時には下船を迎えていました。
夢に向かって頑張ろうと思える実習でした。(実習生:永野 拓志)
学部講義で学んだ漁具を実際に使って延縄を行うことができた。鈎に餌をつけ、海中に設置、釣り上げられた魚はすぐ処理され急速冷凍される。漁業実習だけでなく、航海当直や入出港作業などを体験することができた。この実習で経験、学んだことを忘れずに後期授業も真面目に取り組もうと思う。(実習生:小山 虎之介)
第4話[9/15]
漁業実習終了しました。天候に恵まれず、予定回数に達しませんでしたが多くの魚種を確認することができました。

投縄準備
投縄作業
揚縄作業

メカジキ
乗船実習に期待と不安を抱いたまま参加した。期待はマグロの釣果であり、不安は船酔い。台風通過後の海はまだ波も高く不安は的中した。操業が始まると昨年と比べ多くの釣果があったのでとても嬉しかった。マグロ、サメ、カジキ様々な魚種を見ることができ、一生の思い出になる経験ができたと思う。(実習生:荒木 貢大)
船酔い。初めて鹿児島湾を出た日、航海当直に2分しか立てず迷惑をかけてしまいました。この実習中、何度も海技士プロをやめようと思いましたが乗組員の方々や友人の言葉に励まされ、これからも続けることを決心しました。船酔いは慣れると聞きましたが、今回の実習中慣れることはありませんでした。今の夢は外航船に乗船することです。(実習生:大江 元気)
乗船実習も終盤に差し掛かり、まもなく下船という感が学生の間に高まっています。今回の一番の思い出ではマグロ延縄実習でクロカジキ・メカジキが釣れたことです。これから乗船する学生へアドバイスしますが、酔い止め薬は持っていても損はしません。準備しましょう。(実習生:吉田 尭平)
第3話[9/9]
台風10号接近のため片付けていた漁具を再度準備し、マグロ延縄漁業実習に備えつつ南下中です。

台風避難中の南星丸

台風10号最大瞬間風速 52.0m/s観測
今年は新型コロナであったり、台風が続いてやって来たりと計画通りの実習だったとは言いづらいが、乗組員の方々は優しく熱心に接してくれて、船の食事はとてもおいしかった。来年はどうなるのか分からないがかごしま丸に乗船することを悩んでいる人は是非、乗船してほしいと思う。船上ではどんなことでも貴重な体験であることに間違いはないのだから。(実習生:田代 和輝)
新型コロナ流行のため乗船実習開講を危ぶんでいましたが無事に航海が開始され安堵しました。初めての外洋航海で船酔いがひどく嘔吐もしましたが、その日のうちに順応することができ自信をつけました。残り10日あまり、操業や漂流ゴミ観測などを行います。(実習生:川村 健太郎)
海技士を目指す私にとって3回のブイ係留や当直中に航海士の方から聞いた様々な話はとても面白く、勉強になりました。それだけで価値のある実習になったと感じました。何の予定もない夏を過ごすなら、かごしま丸に乗船してみてはいかがでしょうか?(実習生:花岡 優太)
第2話[9/5]
台風10号接近のため、南星丸とともに再度避難中です。
乗船してから約3週間が経過しました。共同生活という環境にも慣れ、仲間から色々な刺激を受けながら楽しんでいます。台風が過ぎれば出港、マグロ延縄漁業実習が再開されます。新たな発見、体験を楽しみながら仲間と協力して実習に臨みたいと思います。(実習生:津田 周平)
「水産学部に入学したから乗船してみよう」と軽い気持ちで履修しましたが、当初「不自由な生活が1月も続くのか」と後悔と不安がありました。しかし今はこの貴重な経験をすることができる環境を幸せに感じます。親、大学、乗組員の方など多くの支援によってこの環境は成り立っていることを再認識し、残りの実習も有意義なものにするよう積極的に行動、体調にも万全を期していきたいと思います。(実習生:篠原 有作)
陸に降りられない船の生活はきつく感じることもありますが、それ以上に得るものが多く自分自身で成長を実感します。残り2週間、台風の影響で予定変更が続いていますが、自分ができることを積極的にやっていこうと思います。(実習生:宮井 渉)
第1話[08/31]
8月19日鹿児島を出港、28日からマグロ延縄漁業実習を開始しました。しかし台風9号接近のため漁業実習は一時中断し、現在避難中です。

延縄揚縄中
延縄揚縄中の学生
獲れたマグロを抱えて

操業の合間にて
この乗船実習の折り返し点に来ました。乗船直後、航海実習に必要な座学から始まり、一週間後に出港しました。出港後、一番楽しかったのはマグロ操業です。数日かけて準備した縄に生きたマグロがかかっているのを見れたときは本当に嬉しく思いました。天測計算、マグロ操業などこの実習でしか体験できないことばかりの毎日です。特別な体験ができて本当に良かったと思います。(実習生:小笠原 真子)
この乗船実習ではマグロ延縄漁業や天体の高度を測定して計算することにより船の現在位置を導き出すことなどを勉強しました。マグロを獲るためには多くの準備がありとても大変でしたが、獲れたマグロを抱えその重さを感じた時、言葉にできないくらい感動しました。コロナウイルス感染防止対策の影響で制限はありますが日々の生活をみんなと一緒に楽しむことができています。この実習はとてもおすすめです。(実習生:土井 優大)
この乗船では長期間を船上で過ごし、乗組員の方々とマグロ延縄を行いマグロを獲り、航海当直中は満天の星空を見ることができます。人生で一度しか経験出来ないようなことばかり経験しています。この経験は水産学部でしか、水産学部生でしか経験できないので、水産学部に入学したら是非この実習を履修して欲しいと思います。(実習生:紙谷 晃徳)
国分高校 桜蔭理工系女子育成プログラム 女性研究者訪問を実施しました

8月21日(金)、理工系女子育成プログラムの一環として、国分高校2,3年女子生徒16名と引率の教員1名が本学部を訪れました。加藤早苗准教授による「イカすイカの科学」についての講演とともに、先生自身の高校時代の話や理系の面白さに関する話題が提供されました。国分高校からは課題研究についての発表があり、加藤准教授と研究内容について議論を行いました。講義終了後には水産学部やイカに関する質問が多く寄せられ、参加者の笑顔あふれる研修となりました。

国分高校 桜蔭理工系女子育成プログラム 女性研究者のみなさんと加藤早苗 准教授(右上1)


第7回騎射場ぶり祭PLUSを開催しました

2020年1月25日(土)に、水産学部魚食普及サークルPESCAが運営する「第7回騎射場ぶり祭PLUS」が行われました。今年は雨模様でしたが、例年通り1000人を超えるお客様が騎射場を訪れ、東町漁協や牛根漁協の養殖ブリや垂水市漁協の養殖カンパチ、枕崎産かつお節などの県産水産物を様々な料理で楽しみました。

志布志港で「かごしま丸見学会」を開催しました
高校生船内見学

2020年2月15日、志布志港若松埠頭で行われました「かごしま丸見学会」に、鹿児島県立志布志高等学校の生徒・教員10名、東串良町立柏原小学校の児童・教員26名が参加されました。

午前の志布志高校の部では、内山船長による大学・水産学部紹介の後、乗船実習学生による船内見学が行われ、続いて近年話題となっている海ごみ問題について、産学・地域共創センター特任教授の藤枝 繁先生による特別講義「北太平洋で見つけたもの」が行われました。ここでは2012年に実施しましたかごしま丸による北太平洋震災漂流物調査(ハワイ航海)の結果が紹介されました。また最後の「大学生活Q&A」コーナーでは、これから進学を目指す高校生からの「寄港地ではどのようなことをしていますか」「高校時代にしておくべきことは?」「どんなアルバイトをしていますか?アルバイトで稼いだお金の使い方は?」といった質問に、大学生が丁寧に回答していました。

また午後の柏原小学校の部では、同じく船内見学の後、藤枝先生がこれまで海岸で集められた漂着物について、実物を使った紹介がありました。イルカの骨やきれいなビーチグラスを手に、歓声や僕も拾ってみたいという声がたくさん上がりました。子供たちは帰宅後、「船にはたくさんの機械があってびっくりした」「船の構造って複雑、作った人ってすごいね」「海にはたくさんの宝物があるんだって」「かごしま丸は大きくて、エンジンルームを見てワクワクした」「学生さんが明るくて楽しかった」という感想を話していたそうです。

小中学生と乗船学生の集合写真
高校生へ内山正樹 船長挨拶
大学生活の質問コーナー
小学生船内見学
国際学会PICES-2019でM2 中屋慧さんがベストポスター賞を受賞しました
(左)佐久間美明水産学部長、(右)M2 中屋慧

10月16日から27日にカナダのビクトリアで開催された国際学会PICES-2019(北太平洋海洋科学機関2019年次会合)でM2の中屋慧さんがベストポスター賞を受賞しました。

演題:Early life history of Japanese horse mackerel Trachurus japonicus in the north Satsunan area, southern Japan(北部薩南海域におけるマアジの初期生活史)

かごしま丸が宮崎大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
操舵体験

令和元年11月28日から12月3日の6日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、宮崎大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
同大学からは深見裕伸教授と宮西弘助教に引率された農学部海洋生物環境学科2年生の24人の学生が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員の指導を受けました。
この実習は、かごしま丸を利用して、外洋域での各種海洋調査及び生物採集の手法を学習することを目的として平成23年から継続実施されているものです。実習初日は停泊中の船内で、かごしま丸教員による乗船ガイダンスと講義「国際漁場としての東シナ海および着底トロール漁業」及び「水産系練習船の連携による漂流・海底ごみ実態調査」、宮西助教による研究紹介「魚の生理を理解して応用に繋げる」が行われました。2日目は9時過ぎに鹿児島を出港し、操舵体験、船内見学、ロープワークを行いながら東シナ海のトロール操業海域を目指し、途中、薩摩半島沖でのCTDと多筒採水器による海洋観測、ニューストンネット曳網による水表生物の採集と観察及び日没後の稚魚ネット曳網による生物採集と標本観察の実習を行いました。3日目は東シナ海の陸棚域で2回の着底トロール操業と漁獲物の同定・測定実習を行ないました。参加学生は、これらの実習に加えて、かごしま丸が全国の大学の水産系練習船5隻と連携協力して実施中の環境省事業「漂流マイクロプラスチックを含む漂流・海底ごみの分布実態調査」の一環で、ニューストンネット曳網による表層に浮遊するマイクロプラスチックの採集と着底トロール曳網による海底ごみ回収調査を体験するなど、大型船舶を使った洋上における海洋生物と水圏環境の調査手法を体験しました。かごしま丸は12月1日に指宿市山川に寄港し、翌2日に有限会社マルサカ坂井商店かつお節工場を見学しました。宮崎大学の教員・学生は、坂井弘明社長からかつお本枯節の原料、製造工程、消費について詳細な説明を受けると共に、活発に質問していました。夕食後は、谷山沖に錨泊した船内で、本実習での体験や学習内容から班ごとにテーマを決めて、実習中に得た資料や情報、文献調査の結果をパワーポイントにまとめてグループ発表を行いました。
今回の実習は、全航程好天に恵まれ、予定していた実習を無事故で全て実施できたこともあり、参加した宮崎大学の教員・学生は大いに満足したようでした。深見教授は、「毎年のことだが、この乗船実習の前と後で学生が人間として少し成長しているのを実感している。大型練習船でのトロール操業や海洋観測実習はもちろん、船上での団体生活、鹿児島大学の学生との交流を通した相互啓発も含めて、学生たちにとって貴重な経験となっている。来年以降も共同利用制度を利用して、この乗船実習を継続できればありがたく思います。」と語っていました。参加した学生には、同大学の海洋生物探査講座の単位が付与される予定です。
平成31・令和元年度のかごしま丸共同利用航海は、本航海終了をもってすべて計画通りに実施を完了しました。

着底トロール操業
かつお節工場見学(坂井商店、山川)
グループ発表
本学とマレーシア・トレンガヌ大学とのケニェール湖での共同観測を実施しました

ケニェール湖は東南アジア最大の人造湖で、最近観光客が増加し、環境保全が課題になっている湖です。今回は鹿児島大学水産学部・前田教授、鹿児島大学産学地域共創センター・古里特任准教授、島根大学・鮎川研究員およびトレンガヌ大学に留学中の水産学部院生・岩本さんと、トレンガヌ大学のIehata講師を含む9名のスタッフと合同で共同観測を実施しました。この湖には、トレンガヌ大学所属のハウスボートがあり、それに乗船して観測が行われました。その結果、これまで地元の人達も知らなかった、鉛直的な水質の特徴が明らかになりました。(2019年11月)

鹿児島県の主催で、鹿児島大学と中国・清華大学との環境分野の交流事業を実施しました
訪問団

鹿児島大学からは団長(前田・水産部教授)以下教員2名(冨安・理工学科教授、藤枝・産学地域共創センター特任教授)と院生2名(連大生・曹さん、理工学科院生・野添さん)が参加しました。

 

令和元年度中華人民共和国清華大学との環境分野交流事業

期日:令和元年11月12日(火)〜15日(金)

【概要】
本事業は、平成27年度から中華人民共和国の総合大学である清華大学環境学院の研究者等と本県の環境分野の企業等の専門家,研究者の交流を図り,環境対策の現状について意見交換や現地調査を相互に行うなど,相互の課題解決に向けた技術の向上や将来の環境ビジネスへの展開の礎となるネットワークを構築することを目的とした環境分野での交流事業(学術交流)です。平成30年度は,清華大学環境学院の研究者等を本県に受け入れ,鹿児島大学の環境分野の研究者や大学院生,県内企業等の専門家との学術交流会や環境関連施設の視察等を実施しましたが、本年度は鹿児島県から大学の研究者等や県内企業等の専門家を清華大学環境学院へ派遣し,交流事業を実施しました。本大学からは、水産学部 前田広人 教授(微生物学)、大学院理工学研究科 冨安卓滋 教授(環境化学)、産学・地域共創センター 藤枝 繁 特任教授(海洋環境学)および大学院生2名が参加しました。

【事業内容】
11月13日(水) 学術交流会(全体発表、研究グループ討議「水環境、廃棄物、土壌」)、研究施設見学(清華大学)

11月14日(木) 高安屯ごみ処理・発電施設、北京排水集団高碑店汚水処理場)等見学

学術交流会(全体発表、清華大学)
学術交流会(全体発表、清華大学)
学術交流会(研究グループ討議「水環境」、清華大学)
かごしま丸が大学院連合農学研究科、東京海洋大学、九州大学及び愛媛大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
係留系設置作業

令和元年11月16日から25日の10日間,本学部附属練習船かごしま丸は,教育関係共同利用拠点認定事業の一環として,本学大学院連合農学研究科、東京海洋大学、九州大学及び愛媛大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
連合大学院農学研究科からは「人材養成学生支援セミナーII~洋上セミナー~」受講の博士後期課程1年生の学生1人(本学農学部)が参加しました。また、東京海洋大学からは長井健容助教に引率されたペルー国立アグラリア・ラ・モリーナ大学からの交換留学生2人が、愛媛大学からは大学院理工学研究科修士課程の2年生2人とスーパーサイエンス特別コースの3年生1人が、九州大学からは同大応用力学研究所の遠藤貴洋准教授に引率された大学院総合理工学府博士課程の学生1人が参加し、それぞれの学位研究や卒業研究の一部として参加し,内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した中村啓彦教授、仁科文子助教の指導を受けました。
この実習は、平成27年から本学水産学部の海洋学グループが、国内の大学及び研究機関との連携による新学術領域研究「海洋混合学の創設-物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明」の一環として実施している「黒潮とその源流域における混合過程・栄養塩輸送とその生態系の基礎構造の解明」のための海洋観測の現場で、様々な領域の研究者との協働経験や交流を通して、研究者としてのキャリアプランを描くことを主テーマとして行われました。連合農学研究科の学生は、トカラ群島北部の平瀬周辺の観測海域で、本学の教員と余席利用で乗船した米国ワシントン大学応用力学研究所のRen Chieh Lien博士の研究チーム、独立行政法人海洋研究開発機構及び東京大学大気海洋研究所の研究者らと協働し、係留系の設置・回収、設定された観測線上や観測線間でのCTD-CMS、ADCP、自律型フロート(EM-APEXフロート)等を用いた高度な海洋観測を体験するとともに、最先端の科学的成果構築の一端を担いました。東京海洋大学と九州大学の学生は、曳航式鉛直乱流計(UVMP)や曳航式自由落下CTD (Underway-CTD)を用いた観測及び係留系による観測により、愛媛大学の学生はTwin-NORPACネットによるプランクトン採集と船上での培養実験やCTD-CMSによる採水と試料分析を通して、それぞれの博士・修士研究や卒業研究に必要な試料やデータの収集を行うと共に、余席利用で乗船した研究者による海洋観測の一部にも参加しました。また、航海中には、Ren Chieh Lien博士による講演も行われました。なお、この実習航海には,「大学院洋上観測乗船実習」受講の本学農林水産学研究科修士課程の学生3人も混乗して実習を行いました。
参加した大学院連合農学研究科の学生には、「人材養成学生支援セミナーII~洋上セミナー~」の単位が付与されます。

自律型フロート(EM-APEXフロート)の投入
係留系回収作業
自律型フロート(EM-APEXフロート)の回収
福岡城南高校「海洋生物観察実習」を行いました
1.桜島海岸で(ドローンで撮影)

11月8日(金)から3日間、福岡城南高校理数コースの1年生40名が本学部を訪れ、「海洋生物観察実習」を行いました。8名ずつ以下のテーマに分かれ、学部教員の指導の下、野外での観察や実験室での計測・実験に取り組みました。

  • ドローン入門
  • 汽水域の底生生物
  • 魚肉練り製品の“足”を強くする方法は?
  • 養殖飼料に適したタンパク質原料とは?
  • 赤潮プランクトンの検出方法

「ドローン入門」では桜島まで野外調査に出かけ、「汽水域の底生生物」では、甲突川河畔を徒歩で遡りながら(5.5Km!)エビ類やカニ類、巻貝類などを採集しました。「魚肉練り製品の“足”を…」は、缶詰や練り製品の実習や製品開発の試験を行う「食品生命科学実習工場」で、水産学部ならではの機器を使用した実験を行いました。「養殖飼料に適した…」と「赤潮プランクトン…」は、高度な実験機器を備えた学生実験室を使用しました。
実験や観察だけでなく、結果のとりまとめや考察では班で活発な議論がかわされており、発表会でも積極的に質疑応答する姿が見られました。天候に恵まれ、盛りだくさんで実りある3日間であったと思います。

2.桜島がきれいです
3.何がいるかな?
4. 何が獲れた?
5.発表会

Page Top