トピックス:国際

東南アジア漁業開発センターとの学術協力協定更新に関する調印式を行いました
調印式

2003年に本学部と東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC)との間で学術協力に関する協定を締結して以来、SEAFDEC職員、本学部の教員、学生との間で活発な交流を図ってきました。このたび協定期間の満了を迎え、今後さらに5年間の延長をするために、2019年8月26日に本学部学部長室において協定更新に関する調印式を行いました。
SEAFDECからは、Dr. Kom Silapajarn事務局長、Mr. Akito Sato 次長、Ms. Nualanong Tongdeeの3名の職員が来学しました。
調印式の終了後には特別セミナーを開催し、Dr. Kom Silapajarn事務局長による特別講演「SEAFDEC のIUU 漁業対策の紹介」が行われました。本学部の教員からはSEAFDECとのこれまでの活動実績を報告し、また、大学院・熱帯水産学国際連携プログラム(ILP)について紹介しました。SEAFDEC職員は本学部の実験施設も視察され、今後、さらに連携を図っていく上で双方の理解を深める貴重な時間となりました。

特別セミナー
Dr. Kom Silapajarn事務局長による特別講演
本学部の食品工場を視察
華中農業大学水産学院の学生と先生が来学しました
華中農業大学水産学院の学生22名と教員2名(両端)

8月5日〜8月9日の間、部局間交流協定に基づく事業の一貫として、華中農業大学水産学院(中国、湖北省武漢市)の学生22名(学部学生および大学院生)と先生2名を受け入れました。華中農業大学は農水系の研究・教育を中心とし、16の学部(学院)を擁する総合大学で、昨年度、当学部との間で部局間協定を締結しました。また、本学農学部とも協定を結んでおり、部局をまたいだ活発な交流を強く望んでいます。また、中国側における代表者の高教授は水産学部から修士課程を経て連合農学研究科で学位を取得した、本学のOBです。来学中には台風9号が鹿児島へ接近していましたので、主にキャンパス内で講義や解剖実習、プレゼンテーションなどの活動を行いました。また、台風の合間を縫って鹿児島県水産技術開発センターの視察も行い、鹿児島県の養殖や赤潮についての講義を受けました。ご協力いただいた皆様へこの場をお借りしてお礼申し上げます。

文責:横山

 

食品実習工場の見学
高教授による華中農業大学の紹介
カンパチ稚魚の解剖実習。ほとんどの学生は海水魚を生まれて初めて触ったとのこと
韓国・ノルウェー水産業に関するセミナーを開催しました
韓国・済州大学校海洋科学大学・教授 金 碩鍾 氏

済州大学校海洋科学大学の金碩鍾教授、トロムソ大学大学院の坂野加奈氏をお招きして韓国・ノルウェー水産業に関するセミナーを開催しました。
金碩鍾教授の講演では、韓国水産業の現状や済州島で行われている漁船漁業について説明をして頂いた上で、最近の研究例として漁業者による船上作業の負担軽減や操業の効率化を図るための技術開発の事例を紹介して頂きました。

ノルウェー・トロムソ大学大学院 坂野加奈 氏

坂野加奈氏の講演では、トロムソ大学大学院修士課程での留学生活について自らの経験談を交えながら話をして頂き、また、ノルウェーサーモン養殖の最新技術について紹介して頂きました。
会場には満席になるほどの参加者があり(教員6名、学生31名)、講演会終了後には、講演者に熱心に質問する学生の姿が見られました。
本セミナーは韓国の漁船漁業やノルウェーの養殖業の最新情報に触れる大変良い機会になりました。

 

第138回海洋センターセミナー
共催:鹿児島大学産学・地域共創センター
日時:令和元年7月5日(金) 16:30~18:30
場所:図書館水産学部分館 1F セミナールーム
講演1「済州島の水産業」
講演者:金 碩鍾 氏(韓国・済州大学校海洋科学大学・教授)
講演2「フィヨルドの国・ノルウェーでの研究生活と水産養殖最前線」
講演者:坂野加奈 氏(ノルウェー・トロムソ大学大学院)

2019年5月 水産学部前田教授および奥西助教がアマゾン連邦農業大学:UFRA (Universidade Federal Rural Da Amazônia) を訪問しました
アマゾン連邦農業大学UFRA (Universidade Federal Rural Da Amazônia) 左から奥西助教、前田教授、Janae Gonçalves副学長、Ito教授、野澤さん(水産学部卒業ブラジル在住)

水産学部は本年2月に、UFRAと学部間学術交流協定を締結しました。その交流活動の一環として、2019年5月前田教授と奥西助教がUFRA本校およびUFRA ToTomé-Açu(トメアス)校を訪問しました。UFRAはブラジルの国立大学で、学部数17学部、学生数約6500名の農水産系の大学です。

2013年、当時の吉田学長と前田理事がブラジルを訪問の折にUFRAのIto教授と面談を持ち、交流を要請されました。その後2015年に吉川教授がUFRAを訪問し、Ito教授と協議を行いました。また、2018年に前田学長と高松理事がブラジルを訪問の折に、UFRAのIto教授と面談し交流を開始する手続きを開始することで合意致し、学術交流協定を締結しました。


UFRAでの講義風景
UFRAでの実験講座
日本人入植地のTomé-Açu (トメアス) の農業組合の倉庫
日本人入植地のTomé-Açu (トメアス) の養殖池 (ピラルクーの養殖)
サンパウロの鹿児島県人会の世話役のみなさん
前列左から野澤さん(水産学部卒)岩崎さん(水産学部卒)
後列左から奥西助教、前田教授、松村さん(前会長)、上園さん(現会長)、上田平さん(今回鹿児島から訪問)
台湾の水産系高等職業学校の学生と先生が本学を訪問されました
台湾の水産系高等職業学校の生徒7名と教諭3名

大学間協定校である高雄科技大学からの依頼を受け、台湾の水産系高等職業学校(5校)の生徒7名、教諭3名、および高雄科技大学・学生国際交流担当の余准教授に対し、鹿児島県内の海面生簀養殖現場の視察や練習船かごしま丸の視察を行いました。今後、高雄科技大学への進学を予定している生徒たちに、国外の水産業現場や教育研究施設を視察させ、見分を広げさせたいという趣旨の視察旅行とのことでした。鹿児島県垂水市の牛根漁業協同組合のご協力をいただき、職員の方に養殖場を案内いただいたり、組合の近年の取り組みを紹介いただき、学生や教諭の質問にお答えいただきました。かごしま丸視察では、内山船長および三橋次席二等航海士が対応し、練習船の歴史、船の設備、研究機器、教育実習・研究の概要等について紹介しました。学生からは様々な質問が活発になされました。視察を通じ、鹿児島県の水産業現場や、大学の持つ教育や研究を行う練習船ならびに役割について理解してもらえたと思います。本視察を受け入れていただいた、牛根漁業協同組合に感謝いたします。

 

牛根漁業協同組合にて
(左)視察団長 謝旻淵校長先生(澎湖海事高校)、(右)かごしま丸 内山正樹船長
かごしま丸 船橋 (BRIDGE)にて
国際食料資源学特別コース卒業プロジェクト報告発表会が実施されました

水産学部と農学部が4年前に共同で開設した国際食料資源学特別コースの第一期卒業予定学生のうち、7名が卒業プロジェクトを実施し、水産学サブコースから5名の学生がこの発表会で成果を発表してくれました。
発表会には学内・外から60名を超す方々が参加され、英語による発表、質疑が活発に行われました。

 

 

報告題目は以下の通り。

マレーシア派遣
・Current Status and Future Effective Use of Marine Products in Malaysia
セントルシア派遣
・Cooperative Project to Make an Attractive Fishing Port in Vieux Fort Fishing Complex in St. Lucia
・Current Status and Utilization of Marine Products in St. Lucia
スペイン派遣
・Current Status of Consumed Fish in Alicante, Spain and several locations in Tunisia, and a Survey in a Marine Protected Area
コロンビア派遣
・Activities for Complete Farming of Fish in Colombia

なお、これらのプロジェクトのうち、特に3件はJICA大学連携ボランティア派遣事業の短期派遣の枠組みを利用させていただいており、JICA関係者、セントルシア水産局、コロンビアマグダレナ大学および地域の漁業者を中心に多くの方々の協力と支援をいただきました。また、1件はマレーシアでの草の根事業の事前調査の一部となっており、JICAマレーシア事務所やマレーシア水産局およびマレーシアトレンガヌ大学の先生方をはじめ、多くの方々の協力と支援をいただきました。
多くの方々のご支援、ご協力ありがとうございました。

熱帯水産学国際連携プログラム登録学生の海外派遣が始まりました

大学院(修士課程)熱帯水産学国際連携プログラムに登録している学生たちの海外派遣が始まりました。今年度は、フィリピン大学大学院水産海洋科学研究科に2名、タイ国・カセサート大学大学院水産学研究科に1名、が派遣されています。
学生らは平成30年10月19日に日本を出発して連携先の大学へと向かい、現地の大学に到着した後、プログラムの開講式に出席しました。現地での40日間の滞在期間中に、英語による講義やフィールド実習を通して、熱帯域における水産業や海洋生態系などについて理解を深めることになっています。

熱帯水産学国際連携プログラムに基づいた大学院水産学研究科サマーセッションの開講式を実施しました

鹿児島大学大学院水産学研究科では、東南アジアの5大学と共に平成26年8月に設立した高等教育国際協力組織である「熱帯水産学国際連携プログラム」に基づき、8月20日から9月26日までの6週間、平成30年度水産学研究科サマーセッションを開講します。サマーセッションの開講に先だって、8月18日(土)に開講式を水産学部で開催しました。開講式には東南アジアの構成校から来学した16名を含む総勢約60名が出席し、越塩俊介水産学研究科長の挨拶、本プログラムの説明等の後、各構成校からの参加学生の代表が挨拶と展望についてのスピーチを行いました。
本プログラムは、鹿児島大学水産学研究科が主唱し、カセサート大学(タイ)、フィリピン大学ヴィサヤス校(フィリピン)、サムラトランギ大学(インドネシア)、マレーシア・トレンガヌ大学(マレーシア)、ニャチャン大学(ベトナム)の各水産学系研究科(修士課程)が連携して一つのカリキュラムを形成し、平成27年より開始され本年が4年目になります。
本プログラムは、グローバル化する国内外の産業社会で活躍できる人材を育成することを目的とするとともに、互いに特色と強みのある科目を提供しあうことで、単一大学では不可能な魅力ある教育を提供する、アジアの水産系高等教育の拠点の形成を目指しています。カリキュラムの統一に加えて、教員資格や単位の認定に係る規則を共通化するとともに、構成校代表者による運営協議会を設け、質の高い教育を保証しています。なお、サマーセッション期間の授業等はすべて英語で行われ、サマーセッション期間を通じ、水産学研究科では各種の国際的教育・研究活動が展開される予定です。
本プログラムは、多国の大学がカリキュラムを共有し国際共同教育を進める、アジアでは初めての取り組みです。

越塩俊介 水産学部長
授業風景
海外研修・実用英語(海外研修)成果発表会が開催されました

夏期休暇中に実施された海外研修および実用英語(海外研修)の帰国成果報告会が開催されました。
この海外研修は、協定校であるフィリピン大学ヴィサヤス校の協力により、本学水産学部の学部学生および国際食料資源学特別コース学生を対象として実施しているもので、これまでの英語学習の自己評価、今後の学習目標の再設定や学習計画の立案、英語圏でのコミュニケーション能力強化および海外プロジェクト実施に必要な海外で安全に活動するための基礎素養の習得などを主な目標としています。
この発表会では、研修に参加した30名の学生により、語学研修、現地での学生交流、現地生活およびJICA事務所やSEAFDEC等の施設訪問の成果が説明されたあと、これまでの英語学習の自己評価結果、今後の学習目標および目標達成のための取り組み等について説明されました。発表会の終盤では、外国で安全に活動する上で必要な基礎知識のレビューと研修全体の学生による評価が行われました。

Tropical Fisheries・熱帯水産学国際連携プログラム(ILP)派遣報告会を実施しました

3名の修士課程学生が授業科目『Tropical Fisheries』としてフィリピン大学ヴィサヤス校に7月に派遣され、東南アジアの水産分野における技術協力や産業の現状を理解を深めました。また、これらの学生に1名加えた4名の学生のうち、3名はマレーシアトレンガヌ大学に1名はタイのカセサート大学に10月から40日間ILPの派遣学生として協定校が実施する水産分野の授業を履修するとともに、それぞれの専門分野に関係するテーマで現地の学生との協働による調査活動を行いました。これらの研修成果発表会を指導教員やプログラム関係教員および学生参加のもと実施しました。

1 / 3123

Page Top