トピックス

かごしま丸が放送大学と志學館大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
表層と水深220mの海水の温度差を体感

平成30年5月26日から5月27日の2日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、放送大学と志學館大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
放送大学からは、鹿児島学習センターの住吉文夫所長と職員1人に引率された「鹿児島湾洋上実習」受講の19人が、志學館大学からは近藤諭教授に引率された「フィールドで学ぶ環境科学」受講の法学部1年生1人および人間関係学部3年生5人と1年生1人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した山中有一准教授の指導を受けました。「鹿児島湾洋上実習」は、かごしま丸を利用した洋上実習を主体とする現場学習型の科目で、放送大学鹿児島学習センターの全国開放型の面接授業として平成25年度に新設開講されたものです。6年目となる今年は、鹿児島県内はもとより、九州、中国、近畿、中部、関東地方から30代~70代までの幅広い年齢層の学生が参加しました。また、「フィールドで学ぶ環境科学」は、本学の教育関係共同利用施設であるかごしま丸または農学部附属高隅演習林での実習と志學館大学での講義を通じて、環境問題に関する基礎的知識を学習する科目で、平成28年度に同大学の教養科目として新設開講されたものです。
初日は、谷山港停泊中のかごしま丸船内で、東隆文首席一等航海士から乗船実習ガイダンスを受けた後、船内見学と救命艇等操練(退船訓練)を行った後、山中准教授と三橋廷央次席二等航海士から「海洋観測とは」、「海洋環境保全と持続可能な漁業」についての講義を受けました。晴天に恵まれた2日目は、午前8時30分に谷山港を出港して水深200m超の鹿児島湾最深部の水域まで航行し、CTDと多筒採水器による海洋観測、スミス・マッキンタイアー採泥器による底質・ベントスの採集と観察、北太平洋標準ネットによるプランクトンの採集と実体顕微鏡による観察の実習を行うとともに、乗組員と航海技術乗船実習Ⅰ受講の本学部4年生の指導でロープワークの実習を行いました。また、航行中は、2班に分かれて操舵体験と船内見学を行いました。かごしま丸は予定したすべての実習を完了した後、実習海域を離れ、予定通りに15時過ぎに谷山港に入港しました。この間に参加学生はレポートによる最終試験を受けました。
両大学の受講生にとって大型練習船での洋上実習は初めての体験でしたが、平穏な海況のもとで予定したすべての実習を無事故で実施できたこともあり、参加した両大学の教員と学生は大いに満足したようでした。放送大学の学生からは、「船上での海洋観測や生物採集・観察の体験を通して、海と生物に対する興味がさらに深まった。」、「小さなネットを水深50mから曳くだけで大量のプランクトンが採集され、海中のプランクトン量の膨大さに驚いた。」といった感想が聞かれました。また、志學館大学の近藤教授は、「練習船を使うことで可能になる海洋観測等の洋上実習は文系大学では学べない内容であり、教員にも学生にも大変良い刺激になった。次年度以降も、共同利用制度を使ってかごしま丸を使った洋上実習の継続実施を予定しており、今回の経験を活かして学生に還元していきたい。」と語っていました。
なお、参加した放送大学の学生には、実習レポートに基づいて同大学の「鹿児島湾洋上実習」の単位が、志學館大学の学生には陸上での指導と合わせて同大学の「フィールドで学ぶ環境科学」の単位が、それぞれ付与される予定です。

乗船実習ガイダンス
実体顕微鏡によるプランクトンの観察
CTDと多筒採水器による海洋観測
かごしま丸が日本大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
トロール漁獲物を使った船上加工実習

平成30年5月18日から24日の7日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、日本大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
同大学からは小島隆人教授に引率された生物資源科学部海洋生物資源科学科の3年生8人およびTAの4年生3人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した進藤 穣准教授と山岡浩技術職員の指導を受けました。
実習では、東首席一等航海士から乗船ガイダンスを受け、救命艇操練に参加した後、進藤准教授から実習説明と漁獲物の鮮度評価と船上加工実習についての講義を、三橋次席ニ等航海士から着底トロール操業と国際漁場としての東シナ海の概要について講義を受けました。2日目と3日目には、東シナ海の我が国の排他的経済水域内で着底トロール操業を行い、その漁獲物の選別・測定、硬直度指数による鮮度評価、さつま揚げ及び酢漬けの製造等の実習を行うとともに、CTDによる海洋観測実習を行いました。21日~22日には長崎県新上五島町青方に寄港し、同町役場の安永佳秀観光商工課長(本学部卒業生)の案内で、JF有川町水産加工場、(株)ますだ製麺工房及び新上五島町振興公社を訪問し、トビウオ等の水産加工品や名産の五島うどん、つばき油の製造工程を見学しました。また、移動中には青砂ヶ浦教会(国指定重要文化財)を見学しました。復航時は、2班に分かれて、船橋での操舵と航海当直実習及び船内見学を行うとともに、小島教授の指導で、船内の学生用パソコンを使ってMS-Excelのマクロ機能による初歩のプログラミング演習と、GPSデータを使った航跡図作成やトロール操業資料、鮮度評価結果の整理を行い、実習レポート作成を進めました。航海前半は風浪の強い日もありましたが、後半は好天に恵まれ、参加した日本大学の教員・学生は大型練習船での実習に満足したようでした。
小島教授は、共同利用航海について、「かごしま丸のような大型練習船での実習は本学の実験・実習では決して体験できない経験であり、彼らの勉学や学生生活はもちろん、将来の仕事にとっても非常に意義深い。実際に共同利用制度を利用したかごしま丸や北大おしょろ丸での乗船実習を開始後、ほぼ毎年、少数ではあるが、卒業生が定置網など沿岸漁業や海運会社の陸上職に就職している。また、かごしま丸の乗船実習は、卒業時の学生アンケートにおいて、毎年、最も印象に残った在学中の講義・実習の1つに選ばれている。今後も、共同利用制度を使って、かごしま丸での洋上実習を継続実施したい。」と語っていました。参加した学生には、後日提出されるレポートに基づいて、同大学の海洋生物資源科学実習の単位が付与される予定です。
この実習航海には、本学部の漁獲物船上処理乗船実習受講の本学部3年生学生15人と大連海事大学からの交換留学生1人も混乗して、日本大学の学生と同じ内容の実習を行いました。

両大学学生の集合写真(青方港)
トロール漁獲物の選別
五島うどん製麺工場見学
かごしま丸が早稲田大学及び本学法文学部の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
ロープワーク実習

平成30年5月9日から5月11日の3日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、早稲田大学及び本学法文学部の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
早稲田大学からは箱井崇史教授に引率された法学部の3年生11人が、本学法文学部からは松井忠大教授に引率された法政策学科の3年生10人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸教員・乗組員の指導を受けました。この実習航海は、両大学の共同演習「海商法セミナー」の一環として実施されたものです。
この実習は、かごしま丸での洋上実習を通して、海上物品輸送という商行為について定めた法律である海商法(商法第三編)の法解釈や船舶衝突により生じた賠償責任等の裁判例に現れた事案の理解をする上で重要な、大型船舶の構造・設備、運航実務及び海上交通法規を学習することを目的として実施されました。初日は、谷山港停泊中のかごしま丸船内で乗船オリエンテーションと救命艇等操練を行った後、内山船長から「海上交通法規(海上衝突予防法、海上交通安全法、港則法)」について講義を受けるとともに、箱井教授による船内セミナー「海商法を知る」が行われました。また夕食後は、三橋次席ニ等航海士から「航海当直」について説明を受けました。2日目は、午前9時に谷山港を出港し、錦江湾を南下しながら、3班に分かれて船内見学、操舵実習、ロープワーク実習を行った後、松田教授による船内セミナー「船舶衝突責任法」が行われました。鹿児島湾立目埼沖到着後、目視やレーダー、船舶自動識別装置(AIS)等による周囲の船舶の航行状況の見学を行いました。その後、18時から24時まで、錦江湾を北上しながら、かごしま丸教員・乗組員の指導の下、3班に分かれて船橋で航海当直実習を行い、前日の講義で学習した灯火(航海灯)の見え方による他船の進行方向や衝突のおそれの有無の判断、避航方法、灯色や点滅周期による灯台など航路標識の識別、コンパスやレーダーを用いた物標の方位や距離の測定による自船の位置決定など大型船の運航実務を体験しました。
今回は穏やかな天候に恵まれて、予定したすべての実習を無事故で実施できたこともあり、共同セミナーは参加した両大学の教員及び学生は大いに満足したようでした。箱井、松田両教授は、「本実習は、船内見学や航海当直実習等を通して、大型船舶の仕組みや運航実務を体験しながら学習することができ、学生が海商法の法解釈や船舶衝突により生じた賠償責任等の裁判例に現れた事案の理解や裁判例を学ぶ上で極めて有益であり、今後も共同利用制度を使って、この乗船実習を継続実施したい。」と語っていました。

船内セミナー
操舵実習
夜間航海当直実習
諏訪之瀬島切石港で南星丸の見学会を開催しました

2018年4月27日に諏訪之瀬島切石港に停泊した南星丸において見学会を行いました。
今回、南星丸は諏訪之瀬島の海洋生物調査のために切石港に停泊しました。
訪問したのは、諏訪瀬島小中学校の児童生徒9名です。
春の一日遠足の一環として南星丸の操舵室や食堂など船内を見学しました。

研究倫理講習会を開催しました

3月5日(月)に教職員向けの研究倫理講習会を行い、教員22名と職員11名が参加しました。講習会では、受講者がスマートフォンで答えた結果をリアルタイムでグラフ等により共有するツールを用いたクイズ形式を取り入れました。内容的には、研究データの保存期間や会計処理等の鹿児島大学規則に基づく留意点の他、研究者同士の信頼、研究活動と社会との関係、について事例を基に検討しました。鹿児島大学水産学部の教職員および学生は今後とも「鹿児島大学における研究活動に係る行動規範」を遵守し、公正な研究の運営・管理に努めていきます。

かごしま丸船内において内海水先人会の説明会を開催しました

2月26日、航海実習中のかごしま丸船内において内海水先区水先人会の高濱洋嘉さん、川島慧子さん、佐藤方昭さん、林さやかさんをお招きして水先人について説明会を開催しました。一般に知られることが少ない水先人について詳しい説明や実習生からの質問に対し深くお答えいただきました。実際に水先業務を行っている映像を見ながらの説明では、実習生らは緊迫した雰囲気が感じられる出港操船や狭水道での操船風景を食い入るように見ていました。水先人の業務内容や労働形態、メリットとデメリットを知り、やりがい、あこがれを感じ将来の選択肢として真剣に捉え始めた実習生も数名現れました。

水産シンポジウム「次世代の種子島の水産業を考える」を開催しました

平成30年2月17日に種子島・西之表市民会館において、水産シンポジウム「次世代の種子島の水産業を考える」を開催しました。
本シンポジウムは八板俊輔氏(西之表市長)の開会あいさつで始まり、鹿児島大学水産学部の教員(木村郁夫、山本智子、鳥居享司、江幡恵吾)による事例発表では、種子島周辺海域のトコブシ生息環境、かご漁業の新規導入の可能性、水産物の鮮度保持技術、水産物流通の先進的な取り組み例などの報告がありました。
それに引き続き、民間企業11社による新技術紹介では、新素材で作られた漁具資材や蝟集効果の高い人工魚礁の工法などの発表が行われました。
全体討論では、次世代に向けて種子島では今後どのような取り組みが必要であるかについて活発な議論が行われました。
本シンポジウムには、種子島の行政関係者や漁業者など合計57人の参加があり、成功裏に終えることができました。

開会あいさつ  八板俊輔氏(西之表市長)
水産学部教員による事例発表


民間企業による新技術紹介
閉会あいさつ  浦添孫三郎氏(種子島漁協組合長)
北海道根室地区の漁業関係者が視察研修に来られました

平成30年1月31日、北海道根室地区漁協監事協議会および北海道ぎょれん根室支店の方々が、本学部に視察研修に来られました。
はじめに本学部の有川博幸事務長が歓迎の挨拶を述べた後、小谷知也准教授、江幡恵吾准教授が水産学部の教育・研究や鹿児島湾の水産業の紹介をしました。また、本学部内にある回流水槽実験室において、底びき網の海中での様子を再現した実験を行い、北海道と九州の水産業の違いや共通する課題についての意見交換を行いました。

板倉隆夫名誉教授が社会人向け英語講座を開講しました
英語講座 板倉隆夫名誉教授

板倉隆夫名誉教授が、2017年10月より2018年1月まで、水産学部独自の英語学習メソッド「英語の見える化」による英語講座を開講しました。教室は、附属図書館水産学部分館のグループ学習室、セミナー室を使用しました。
「英語やりなおし講座」8名、「英語講座中級」17名の社会人受講生が、5つのクラスに別れた少人数クラスで、午前や夜間、平日や週末の週1回、1人1台のiPadを使って各人の書き込みをリアルタイムに共有しながら、英語を楽しく学びました。英語教材としては、やさしい物語や、NHK英語講座のテキストなどが使われました。今回は85歳の男性も参加され、iPadの操作にとまどいながらもにこやかに受講され、この後も継続されるとのことです。
次は、2, 3月の「冬季講座」、4月からの新たな「英語やりなおし講座」「英語講座中級」が開講予定です。
また、県外からも受講できる通信講座、特に高校生対象の通信講座(『英作基本文例600』を丸暗記ではなく本当に理解する講座)も予定しています。
https://英語の見える化.jp

Page Top