ワイドページを選択

東南アジア漁業開発センターとの学術協力協定更新に関する調印式を行いました
調印式

2003年に本学部と東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC)との間で学術協力に関する協定を締結して以来、SEAFDEC職員、本学部の教員、学生との間で活発な交流を図ってきました。このたび協定期間の満了を迎え、今後さらに5年間の延長をするために、2019年8月26日に本学部学部長室において協定更新に関する調印式を行いました。
SEAFDECからは、Dr. Kom Silapajarn事務局長、Mr. Akito Sato 次長、Ms. Nualanong Tongdeeの3名の職員が来学しました。
調印式の終了後には特別セミナーを開催し、Dr. Kom Silapajarn事務局長による特別講演「SEAFDEC のIUU 漁業対策の紹介」が行われました。本学部の教員からはSEAFDECとのこれまでの活動実績を報告し、また、大学院・熱帯水産学国際連携プログラム(ILP)について紹介しました。SEAFDEC職員は本学部の実験施設も視察され、今後、さらに連携を図っていく上で双方の理解を深める貴重な時間となりました。

特別セミナー
Dr. Kom Silapajarn事務局長による特別講演
本学部の食品工場を視察
華中農業大学水産学院の学生と先生が来学しました
華中農業大学水産学院の学生22名と教員2名(両端)

8月5日〜8月9日の間、部局間交流協定に基づく事業の一貫として、華中農業大学水産学院(中国、湖北省武漢市)の学生22名(学部学生および大学院生)と先生2名を受け入れました。華中農業大学は農水系の研究・教育を中心とし、16の学部(学院)を擁する総合大学で、昨年度、当学部との間で部局間協定を締結しました。また、本学農学部とも協定を結んでおり、部局をまたいだ活発な交流を強く望んでいます。また、中国側における代表者の高教授は水産学部から修士課程を経て連合農学研究科で学位を取得した、本学のOBです。来学中には台風9号が鹿児島へ接近していましたので、主にキャンパス内で講義や解剖実習、プレゼンテーションなどの活動を行いました。また、台風の合間を縫って鹿児島県水産技術開発センターの視察も行い、鹿児島県の養殖や赤潮についての講義を受けました。ご協力いただいた皆様へこの場をお借りしてお礼申し上げます。

文責:横山

 

食品実習工場の見学
高教授による華中農業大学の紹介
カンパチ稚魚の解剖実習。ほとんどの学生は海水魚を生まれて初めて触ったとのこと
親子で理系見学会を開催いたしました

8月24日 「親子で理系見学会」を開催いたしました。
鹿児島水族館にて本学部卒業生である堀江さんに水族館のバックヤードをガイドしていただき、懇談致しました。
続いて、本学部練習船南星丸に乗船し、畑辺さんに航海士のお仕事についてレクチャーしていただくとともに、錦江湾体験航海を致しました。
当日は曇り時々雨のあいにくの天気ではございましたが、参加者の女子中高生の晴れやかな笑顔とともに、予定とおり終了いたしました。
今後も、女子中高生の理系進路選択を推進するお手伝いをしてまいります。
女子中高生の皆さん、理系で、水産学部で、楽しく学び、明るい未来を手に入れましょう!

Page Top