ワイドページを選択

【第8回かごしまTechミーティング】「『南星丸』に出来ること ~ 使い方はあなた次第!! 船で学んでよし、調べてよし、試してよし ~」を開催しました
「南星丸」について語る幅野船長

かごしまTechミーティングとは、大学との産学連携や、大学が持つ先端技術を知る「きっかけづくり」のためのオープンな場を目指した事業です。
少人数制産学マッチングイベント「かごしまTechミーティング」(鹿児島市HP)

2020年2月20日、鹿児島港小川埠頭に停泊中の水産学部附属練習船「南星丸」にて、今年度8回目のかごしまTechミーティング(鹿児島市、鹿児島大学産学・地域共創センター主催)が開催されました。
今回のテーマは、水産学部 附属練習船 南星丸 /船長の幅野明正 准教授による「鹿児島大学水産学部附属練習船『南星丸』に出来ること~ 使い方はあなた次第!! 船で学んでよし、調べてよし、試してよし ~」です。

2002年に建造された南星丸は、これまで錦江湾、薩南海域を中心に、徳之島から済州島といった九州沿岸での海洋調査や漁業調査など、学生実習や研究に従事してきました。近年では、大学生の乗船実習や研究調査航海以外にも、公開講座による一般乗船体験や教員免許更新講習「練習船を用いた海洋教育手法」、三島村との共同研究「わたしたちの海から地球(ジオ)を学ぶ(地球科教育)」などにも利用され、動く海洋教育の場としても貢献しています。幅野船長からは練習船の様々な観測機器や漁具についての紹介があり、またそれらを用いた実績が紹介され、参加者のみなさんとどのような活用ができるか意見交換を行いました。練習船は海洋における各種サンプリングや機器試験などあらゆるニーズに対応でき、また海洋教育の動く教室としても活用できます。共同研究や研修などでのご利用を希望される場合は、ぜひご相談ください。

志布志港で「かごしま丸見学会」を開催しました
高校生船内見学

2020年2月15日、志布志港若松埠頭で行われました「かごしま丸見学会」に、鹿児島県立志布志高等学校の生徒・教員10名、東串良町立柏原小学校の児童・教員26名が参加されました。

午前の志布志高校の部では、内山船長による大学・水産学部紹介の後、乗船実習学生による船内見学が行われ、続いて近年話題となっている海ごみ問題について、産学・地域共創センター特任教授の藤枝 繁先生による特別講義「北太平洋で見つけたもの」が行われました。ここでは2012年に実施しましたかごしま丸による北太平洋震災漂流物調査(ハワイ航海)の結果が紹介されました。また最後の「大学生活Q&A」コーナーでは、これから進学を目指す高校生からの「寄港地ではどのようなことをしていますか」「高校時代にしておくべきことは?」「どんなアルバイトをしていますか?アルバイトで稼いだお金の使い方は?」といった質問に、大学生が丁寧に回答していました。

また午後の柏原小学校の部では、同じく船内見学の後、藤枝先生がこれまで海岸で集められた漂着物について、実物を使った紹介がありました。イルカの骨やきれいなビーチグラスを手に、歓声や僕も拾ってみたいという声がたくさん上がりました。子供たちは帰宅後、「船にはたくさんの機械があってびっくりした」「船の構造って複雑、作った人ってすごいね」「海にはたくさんの宝物があるんだって」「かごしま丸は大きくて、エンジンルームを見てワクワクした」「学生さんが明るくて楽しかった」という感想を話していたそうです。

小中学生と乗船学生の集合写真
高校生へ内山正樹 船長挨拶
大学生活の質問コーナー
小学生船内見学
水産学部入試について
インターネット出願の流れ

出願サイト等はこちら からご確認ください。

お問い合わせ

水産学部学生係 TEL: 099-286-4040 〒890-0056 鹿児島市下荒田4-50-20
※授業内容、取得できる資格、就職先等についてのお問い合わせも上記へ

教職員公募について

【公募 教員】

教員の公募、3名(水圏科学分野1名、水産経済学分野1名、水圏環境保全学分野1名)について
本学系では下記の要領にて教員を公募いたします。貴機関で適任者がおられましたらご推薦くださいますようお願い申し上げます。
なお、貴機関以外で適任者をご存知の場合は、併せてご周知くださいますようお願い申し上げます。
詳しくは以下の公募要項(PDF)をご覧ください。

掲載年月日 分野等 職名・人員 締切日 公募要項 履歴書様式
令和2年2月5日(水) 水圏科学分野 助教 1名 令和2年4月3日(金)必着 PDF WORD
令和2年2月5日(水) 水産経済学分野 助教 1名 令和2年4月3日(金)必着 PDF WORD
令和2年2月5日(水) 水圏環境保全学分野 助教 1名 令和2年4月3日(金)必着 PDF WORD

 

独立行政法人海技教育機構練習船「海王丸」船長らが本学部を訪問
霧島慰霊碑の前、右から大井二等航海士、南屋船長、佐久間学部長、恵美機関長、内山船長

1月30日独立行政法人海技教育機構練習船「海王丸」の南屋太郎船長、恵美裕機関長、大井一道二等航海士らが鹿児島港への寄港の際に、本学部を訪問されました。

本学部からは佐久間美明学部長とかごしま丸内山船長が出迎え、意見交換や学内の見学を行いました。今回の訪問では交流を深める有意義な機会となりました。

日本丸模型前

Page Top