トピックス:公開講座

公開講座「親子で冒険!かごしまの海2019」を開催しました
ナミクダヒゲエビを食べよう!

「イカやタコは頭からあしがはえているんだよ」「へんてこだね」「だから頭足類っていうんだよ」 終始和やかな雰囲気で、毎年恒例の公開講座「親子で冒険!かごしまの海2019」が開催されました。
2019年7月27日(土)、抽選で選ばれた24名の親子は学生によるクイズ大会で緊張をほぐし、大富潤教授から鹿児島の海や生き物の魅力、地魚を食べることのすばらしさやなかなか魚食が伸びない現状や打開策(?)などに関する講義を受けた後、いよいよ錦江湾へ…。
南星丸に乗船し、深海へ向けて出発! 実際に網で深海底にいる魚やエビ・カニを採集し、手にとって観察しました。錦江湾で見つけた新種のエビもいました! この冒険に参加した人たちは、口々に「目の前の海にいる生き物なのに、出合うのは初めて」といい、感動をあらわにしていました。
大富教授、土井准教授からは採集に使う網の説明を、学生からはおもしろい生き物について研究者の観点からの説明を受けた参加者の皆さん、幅野船長から操船の手ほどきも受けました。舌でも学ぶ本講座では、採れたての深海エビを生でいただきます。参加者の皆さんはふだん食べる刺身とのちがいを実感されているようでした。
下船後は下荒田キャンパスにもどり、今日のまとめのワークブックの作成です。大人も子どももおおいに楽しみ、驚きの連続の1日でした。暑い中、最後までみんな熱く元気に過ごすことができました。スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。参加された皆さんにはすばらしい海の伝え人になっていただきたいです。

学生による海のクイズ大会
網に入った魚の気持ちは?
初めて見る深海魚に驚き
ワークブックの完成!
公開講座「海の生物の不思議~ダイオウイカを知ろう~」を開催しました

2019年7月27日(土)公開講座「海の生物の不思議~ダイオウイカを知ろう~」を開催しました。
本公開講座には、夏休みの自由研究をかかえた小学生、生物に興味をお持ちの中高生から、還暦を超える方など80名ほどの方々にご参加いただきました。
加藤早苗准教授によるイカとダイオウイカに関するクイズを交えた簡単な講義の後に、ドキュメンタリー映画「巨大生物 進化の謎 ~ダイオウイカ大解剖~」を上映致しました。皆さんとても熱心にご参加いただき、講義終了時には多くのご質問やご感想をいただきました。
詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

公開講座「親子で冒険!かごしまの海2017」を開催しました

7月29日(土)に、水産学部キャンパスおよび錦江湾洋上で公開講座「親子で冒険!かごしまの海2017」を開催しました。たくさんの方にご応募いただき、ありがとうございました。抽選で選ばれた24名の参加者は、アイスブレーク、講義のあと、水産学部附属練習船南星丸に乗船して錦江湾洋上に繰り出し、深海生物の採集を行いました。採集された生物の観察やブリッジでの操舵体験などのほか、ナミクダヒゲエビの試食も行いました。地元の海の知られざるおいしい生き物たちを知るいい機会となったのではないでしょうか。

公開講座「第12回海岸へ行こう」を開催しました
topinfo161030a6 topinfo161030a1 topinfo161030a3 topinfo161030a5 topinfo161030a8 topinfo161030a4

10月30日(日)に姶良市の重富海岸において、公開講座「第12回海岸へ行こう〜海水の押す力&干潟の生物採集〜」を開催しました。小学校4、5年生20名が参加し、水圧を利用して魚の模型が浮き沈みするおもちゃを作成して圧力について学んだり、干潟に出て泥の中で生活する動物を採集したりしました。

天候に恵まれ、心地よい海風を感じながらの1日、楽しみながら海や生物について学んで頂けたと思います。
重富海岸の「なぎさミュージアム」を運営されているNPO法人くすの木自然館には、毎年この講座を後援して頂き、レクチャールームの提供、干潟生物の解説と大変お世話になりました。心からお礼申し上げます。

Page Top