ワイドページを選択

佐々木貴文 助教、2016年度漁業経済学会奨励賞を受賞

2017年6月4日、漁業経済学会より、奨励賞をいただきました。漁経済学会は、1952年に発足して以来、60年以上の長期にわたり漁業分野における経済学の深化と追究を続けてきた組織で、漁業に関する政策・生産構造・法制度・労働・歴史などを研究テーマとして活動しています。今回の奨励賞は、漁業経済学会が発行している学会誌『漁業経済研究』に掲載された3つの論文と2つの書評に対して「斯学の進歩に貢献」したと評価された結果でした。今後も、微力ではありますが、漁業経済学の発展に尽力できればと願っています。
なお、3つの論文は次の通りです。(1)佐々木貴文「「日台民間漁業取決め」締結とそれによる尖閣諸島周辺海域での日本および台湾漁船の漁場利用変化」、漁業経済学会『漁業経済研究』(第60巻第1号)、2016年1月、43~62頁。(2)佐々木貴文「水産業と学歴の近代史-福井県立小浜水産学校における人材養成に注目して-」、漁業経済学会『漁業経済研究』(第57巻第1号)、2013年1月、87~105頁。(3)佐々木貴文「近代日本の資本制漁業発達期における長崎県水産講習所の漁業者養成」、漁業経済学会『漁業経済研究』(第50巻 第3号)、2006年5月、23~51頁。

吉田侑矢さん(水産学研究科2年)、日本水産工学会学術講演会で学生優秀賞を受賞
水産学研究科2年 吉田侑矢さん

平成29年5月27~28日に水産大学校(下関市)で行われた平成29年度日本水産工学会学術講演会において、吉田侑矢さん(水産学研究科2年・水産資源科学分野)が学生優秀賞を受賞しました。
受賞した発表演題は「イワシ棒受網漁業の水揚げ物組成と選別作業時間の関係」で、現在、手作業で魚種の選別が行われているイワシ棒受網漁業の水揚げ作業について、今後、作業負担を軽減して、簡略化することを目的として、水揚げ物組成が選別作業時間に与える影響を明らかにした成果を発表しました。

Page Top