「海や川に生息する魚類の生態を明らかにする研究」

錦江湾を代表する魚:アカオビハナダイ

水圏科学分野 久米研究室(久米 元)

私たちの研究室では、海や川に生息する魚類の生態を明らかにすることを目的に研究を進めています。鹿児島大学の水産学部は桜島を擁する錦江湾と目と鼻の先にあり、魚類の生態研究をするにはとても恵まれた環境にあります。錦江湾はとても魅力的な海で、最深部は200メートル以深にまで達し、浅海性のものはもちろん、ハダカイワシの仲間に代表される中深層性のものまで様々な魚類がみられます。研究室の学生さんたちとフィールドに出かけ、調査、標本採集に明け暮れています。得られる成果を発信し、生物多様性の保全、水産食料資源の維持に貢献していきたいと日々の研究に取り組んでいます。

フィールドでの調査
研究室での魚体計測、解剖

 

Page Top