お知らせ

2020年度公海域水産乗船実習日記[かごしま丸]最終話



乗船実習日記 最終話
8/31 9/5 9/9 9/15 9/19

第5話「最終話」[9/19]
鹿児島へ帰港しました。漁具陸揚げ、船内清掃等を行い19日乗船実習終了となりました。かごしま丸は1週間後、次航海に出港します。
乗船前、長いと思っていた実習も過ぎてしまえばあっと言う間でした。「水産学部に来たからにはここでしか味わえない経験をしておこう」と乗船しましたが、海技士プログラム学生と比べ特に差が出ることなく、同じ体験ができました。大学に通って椅子に座りただ話を聞くよりも面白くて貴重な経験ができたので乗船して本当に良かったと感じています。(実習生:神谷 隼輔)
実習期間中、乗組員の方々に多くのことを教わったり、実物を見て学んだりと日々の生活の中では到底得ることができない貴重な経験をたくさんすることができました。
主体的に行動しなければ得るものが少ないと気付いた時には下船を迎えていました。
夢に向かって頑張ろうと思える実習でした。(実習生:永野 拓志)
学部講義で学んだ漁具を実際に使って延縄を行うことができた。鈎に餌をつけ、海中に設置、釣り上げられた魚はすぐ処理され急速冷凍される。漁業実習だけでなく、航海当直や入出港作業などを体験することができた。この実習で経験、学んだことを忘れずに後期授業も真面目に取り組もうと思う。(実習生:小山 虎之介)
第4話[9/15]
漁業実習終了しました。天候に恵まれず、予定回数に達しませんでしたが多くの魚種を確認することができました。

投縄準備
投縄作業
揚縄作業

メカジキ
乗船実習に期待と不安を抱いたまま参加した。期待はマグロの釣果であり、不安は船酔い。台風通過後の海はまだ波も高く不安は的中した。操業が始まると昨年と比べ多くの釣果があったのでとても嬉しかった。マグロ、サメ、カジキ様々な魚種を見ることができ、一生の思い出になる経験ができたと思う。(実習生:荒木 貢大)
船酔い。初めて鹿児島湾を出た日、航海当直に2分しか立てず迷惑をかけてしまいました。この実習中、何度も海技士プロをやめようと思いましたが乗組員の方々や友人の言葉に励まされ、これからも続けることを決心しました。船酔いは慣れると聞きましたが、今回の実習中慣れることはありませんでした。今の夢は外航船に乗船することです。(実習生:大江 元気)
乗船実習も終盤に差し掛かり、まもなく下船という感が学生の間に高まっています。今回の一番の思い出ではマグロ延縄実習でクロカジキ・メカジキが釣れたことです。これから乗船する学生へアドバイスしますが、酔い止め薬は持っていても損はしません。準備しましょう。(実習生:吉田 尭平)
第3話[9/9]
台風10号接近のため片付けていた漁具を再度準備し、マグロ延縄漁業実習に備えつつ南下中です。

台風避難中の南星丸

台風10号最大瞬間風速 52.0m/s観測
今年は新型コロナであったり、台風が続いてやって来たりと計画通りの実習だったとは言いづらいが、乗組員の方々は優しく熱心に接してくれて、船の食事はとてもおいしかった。来年はどうなるのか分からないがかごしま丸に乗船することを悩んでいる人は是非、乗船してほしいと思う。船上ではどんなことでも貴重な体験であることに間違いはないのだから。(実習生:田代 和輝)
新型コロナ流行のため乗船実習開講を危ぶんでいましたが無事に航海が開始され安堵しました。初めての外洋航海で船酔いがひどく嘔吐もしましたが、その日のうちに順応することができ自信をつけました。残り10日あまり、操業や漂流ゴミ観測などを行います。(実習生:川村 健太郎)
海技士を目指す私にとって3回のブイ係留や当直中に航海士の方から聞いた様々な話はとても面白く、勉強になりました。それだけで価値のある実習になったと感じました。何の予定もない夏を過ごすなら、かごしま丸に乗船してみてはいかがでしょうか?(実習生:花岡 優太)
第2話[9/5]
台風10号接近のため、南星丸とともに再度避難中です。
乗船してから約3週間が経過しました。共同生活という環境にも慣れ、仲間から色々な刺激を受けながら楽しんでいます。台風が過ぎれば出港、マグロ延縄漁業実習が再開されます。新たな発見、体験を楽しみながら仲間と協力して実習に臨みたいと思います。(実習生:津田 周平)
「水産学部に入学したから乗船してみよう」と軽い気持ちで履修しましたが、当初「不自由な生活が1月も続くのか」と後悔と不安がありました。しかし今はこの貴重な経験をすることができる環境を幸せに感じます。親、大学、乗組員の方など多くの支援によってこの環境は成り立っていることを再認識し、残りの実習も有意義なものにするよう積極的に行動、体調にも万全を期していきたいと思います。(実習生:篠原 有作)
陸に降りられない船の生活はきつく感じることもありますが、それ以上に得るものが多く自分自身で成長を実感します。残り2週間、台風の影響で予定変更が続いていますが、自分ができることを積極的にやっていこうと思います。(実習生:宮井 渉)
第1話[08/31]
8月19日鹿児島を出港、28日からマグロ延縄漁業実習を開始しました。しかし台風9号接近のため漁業実習は一時中断し、現在避難中です。

延縄揚縄中
延縄揚縄中の学生
獲れたマグロを抱えて

操業の合間にて
この乗船実習の折り返し点に来ました。乗船直後、航海実習に必要な座学から始まり、一週間後に出港しました。出港後、一番楽しかったのはマグロ操業です。数日かけて準備した縄に生きたマグロがかかっているのを見れたときは本当に嬉しく思いました。天測計算、マグロ操業などこの実習でしか体験できないことばかりの毎日です。特別な体験ができて本当に良かったと思います。(実習生:小笠原 真子)
この乗船実習ではマグロ延縄漁業や天体の高度を測定して計算することにより船の現在位置を導き出すことなどを勉強しました。マグロを獲るためには多くの準備がありとても大変でしたが、獲れたマグロを抱えその重さを感じた時、言葉にできないくらい感動しました。コロナウイルス感染防止対策の影響で制限はありますが日々の生活をみんなと一緒に楽しむことができています。この実習はとてもおすすめです。(実習生:土井 優大)
この乗船では長期間を船上で過ごし、乗組員の方々とマグロ延縄を行いマグロを獲り、航海当直中は満天の星空を見ることができます。人生で一度しか経験出来ないようなことばかり経験しています。この経験は水産学部でしか、水産学部生でしか経験できないので、水産学部に入学したら是非この実習を履修して欲しいと思います。(実習生:紙谷 晃徳)
【9/1更新】新型コロナウイルス感染症における本学の対応について

鹿児島大学における新型コロナウイルス感染症関連の対応など、以下のサイトをご確認ください。
新着情報も随時お知らせします。

鹿児島大学ホームページ 重要なお知らせ(新型コロナウイルス情報関連)

鹿児島大学ホームページ 【重要なお知らせ】

 

教職員公募情報

本学系では下記の要領にて教員を公募いたします。貴機関で適任者がおられましたらご推薦くださいますようお願い申し上げます。
なお、貴機関以外で適任者をご存知の場合は、併せてご周知くださいますようお願い申し上げます。
詳しくは以下の詳細をご覧ください。

 

掲載年月日 分野等 職名・人員 締切日 詳細
令和2年7月30日(木) 水圏科学分野 教授・1名 令和2年10月16日(金)午後5時必着 公募要領(PDF)

履歴書様式(Word)

【再度のお願い】マスク着用の徹底について

対面授業の開始、サークル活動の再開等に伴い、学生の皆さんには新型コロナウイルス感染防止の観点から、大学入構中はマスク着用をお願いしているところですが、今般の県内におけるクラスター発生により、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが急激に高まっていることから、大学入構中は、以下の場合を除き、必ずマスク着用してください。

 

①屋外で、人と十分な距離(2メートル以上)が確保できる場合
②食事や体調不良等やむをえずマスクを外す必要がある場合
③授業やサークル活動等で別途指示がある場合

 

なお、マスク着用にあたっては熱中症対策の一環から、マスクを着用している時は、強い負荷の作業や運動を避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。
また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクを外して休憩しましょう。

 

また、マスク着用は「新しい生活様式」の定着に向けた感染防止の基本であることから、学外においてもマスク着用を励行されるようお願いいたします。

 

一人一人の行動が、感染拡大防止の鍵を握っていることを再度、自覚いただき、皆さんやその周りにおられる方々の命と健康を守るべく慎重な行動をとるよう、気を緩めることなく、引き続きお願いいたします。

 

令和2年7月7日
鹿児島大学理事(教育担当)

水産学部入試について
インターネット出願の流れ

出願サイト等はこちら からご確認ください。

お問い合わせ

水産学部学生係 TEL: 099-286-4040 〒890-0056 鹿児島市下荒田4-50-20
※授業内容、取得できる資格、就職先等についてのお問い合わせも上記へ

鹿児島大学練習船基金について

― 練習船を用いた海洋立国を支える専門人材の育成・確保に向けて ―

基金の趣旨

平常より鹿児島大学練習船“かごしま丸”及び“南星丸”に対し格別のご支援を賜わりまして、心より感謝申し上げます。

練習船は、教育面では「海洋立国を支える人材の育成」を担い、研究面では「環黒潮圏の生物資源・海洋環境変動に関する先端的知見」を解明しています。また海底資源探査や海洋エネルギー調査等、水産学以外でも様々なテーマで多目的利用されている、世界的にも稀有な洋上プラットホームであり、本学にとって必要不可欠な施設です。

かごしま丸は1950年河川砲艦を改装し初代として運用開始、1960年2代目として本格的な漁業練習船となり、1981年には3代目が就航、30年を経て2012年現かごしま丸(935総トン)4代目が就航しました。これまで歴代かごしま丸は東シナ海、太平洋そしてインド洋で漁業実習、航海運用学、海洋気象学等の実習に供されるとともに国際海洋観測、米国や東南アジア各国との共同調査に従事し、外地寄港の際は国際交流を行ってきました。

南星丸は1967年初代が木造で建造され、沿岸海域を中心に実習を行って来ました。1976年2代目は鋼船となり、2003年度水産専攻科の廃止と共に廃船となる大型練習船敬天丸の役割も担い鹿児島湾から南西諸島沿岸水域まで活動範囲とするため大型化・高速化され2002年現南星丸(175総トン)3代目が就航しました。

現在2隻の練習船を使用し、水産学部学生及び大学院生並びに全国水産・海洋系大学学部学生及び大学院生のみならず様々な分野の教育・研究のため、沿岸から遠洋に至る色々な海域で海洋環境、生物資源の調査・研究、漁業実習、漁獲物処理実習そして船舶の運用・航海実習などを行っています。令和元年度かごしま丸は1週間以上の中長期航海を16航海で173日(学生乗船期間197日)、南星丸は5日以内の短期航海を90航海で205日、の運航計画で乗船実習を行っています。

財政面では、近年の原油価格高騰等の影響により、重油代やドック経費、船舶保険料など基幹的経費が増大しており、両船で年間約4.1億円の練習船運航費が必要(詳しくは下記の所要額内訳表をご参照ください。)ですが、一方で、練習船の予算は2004年の国立大学法人化以降の運営費交付金の継続的な削減により大きく減少しており、予算不足から機器更新もままならず、このままでは安心・安全で効果的な運航が難しい状況となっております。

そのため、本学部としても財政計画を策定し、経費節減や傭船利用拡大、外部資金獲得など積極的に取り組んでおりますが、このたび財務基盤のさらなる強化、拡充に関し大学OBを初めとする広範な大学関係の方々にご協力をお願いするため「鹿児島大学練習船基金」を設立しました。

皆さまの温かいご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

鹿児島大学水産学部長
佐久間 美明

【参考】直近5か年実績に基づく練習船運航費所要額内訳表

(単位:億円)

物件費 小計 人件費 合計
重油代 ドック経費 船舶保険料 航海日当食卓料 その他(光熱水費等)
0.4 0.5 0.25 0.25 0.4 1.8 2.3 4.1

基金の使途

対象事業 内  容
練習船を用いた教育、研究、社会・国際貢献の充実に関する事業 海洋立国を支える専門人材の育成、海洋調査及び海洋科学技術に関する研究開発の推進、地域課題や国際的課題の解決等
練習船の環境整備に関する事業 教育研究環境の機能維持・強化のための施設設備の充実、必要な修繕や検査等
その他この基金の目的達成に必要な事業 その他、練習船を活用した事業支援等
※上記のほか、鹿大「進取の精神」支援基金の管理運営を円滑に行うことを目的として、本基金に対する寄附金の一部を鹿大基金の全学共通経費として使用させていただきます。

寄付金による税制上の優遇措置

ご寄附者様が個人の場合
  1. 所得税の控除: 所得税法により、その年に支出した寄附金の額(所得の40%が限度)から2千円を引いた額を、所得税の課税所得から控除することができます。本学より入金後に発行する「寄附金領収証書」を添えて、確定申告をしてください。
  2. 住民税の軽減: 平成20年度の税制改正により、個人住民税の寄附金控除制度が拡充され、自治体が条例で指定した寄附金が新たに控除対象となりました。2千円を超え総所得金額等の30%までの寄附金額に対して、都道府県は税率4%、市区町村は税率6%を乗じた額が控除されます。本学は、現在、鹿児島県鹿児島市から「控除対象となる寄附の相手先」の指定を受けております。鹿児島県・鹿児島市以外の自治体につきましては、各自治体へお問い合わせください。
ご寄附者様が法人の場合

法人税法により、寄附金の全額を損金算入することができます。

寄付金の受入れの制限

次に該当する寄附金は、受け入れることができません。

  1. 寄附金により取得した資産を寄附者に無償で譲与すること。
  2. 寄附金による研究の結果、特許権又はこれに類する権利が生じた場合、これを寄附者に無償で使用させ、又は譲与すること。
  3. 寄附金の使用について、寄附者による財務監査が義務づけられているもの。
  4. 寄附金を受入れた後、寄附者が自己の意思により寄附金の全額又は一部を取り消すことができるもの。

ご寄付をいただいた方の顕彰

鹿児島大学練習船基金へご寄附をいただいた皆様には、領収書とともに鹿児島大学長よりお礼状をお送りいたします。また、ご芳名および寄附金額を水産学部ホームページに掲載いたします(ご芳名および寄附金額の掲載にそれぞれ同意された方に限ります)。

ご寄付の手続き

鹿児島大学練習船基金へのご寄附は、「鹿大『進取の精神』支援基金」の制度を通じてお手続きいただきます。専用ウェブページからお申し込みいただきますと、クレジットカード/コンビニエンスストア/インターネットバンキング(Pay-easy)等の支払い方法を選択できます。

お問い合わせ先

鹿児島大学水産学部会計係(船舶担当)
〒890-0056 鹿児島市下荒田4丁目50番20号   電話: 099-286-4992

附属練習船 かごしま丸・南星丸

ポスターはこちらをクリックしてください



水産学部は、教育・研究施設として、かごしま丸と南星丸の2隻の練習船を保有しています。


かごしま丸での海洋観測

かごしま丸は2012年3月に完成した、世界でも有数の高性能練習船です。2013には、シップ・オブ・ザ・イヤー2012(漁船・作業船部門)を受賞しました。かごしま丸は、風浪のある洋上で定点に留まることや、船をその場で360度方向転換させたり真横に移動することができる特殊操船機能を有しています。また、電気推進システムを採用したことで、船内の騒音や振動が少なく、静粛性が高い船となり、居住性が向上しました。横揺れを低減させる船体構造や男性女性それぞれ専用の衛生設備を充実させるなど、快適で安全な船内生活の提供を実現しています。高度の海洋観測機器や多様な漁労システムを用いた洋上実習や実験・観測のプラットフォームとして、日本近海から太平洋や東南アジア海域で実習及び調査研究航海を実施しています。

 

南星丸でのLCネット操業

南星丸は、2002年11月に完成した中型練習船で、2003年にはシップ・オブ・ザ・イヤー準賞を受賞しました。南星丸は、鹿児島湾から薩南海域を主な活動海域として、漁業実習や海洋観測実習、漁具性能試験、航海計器や船体運動等に関する洋上実験、そして底びき網や計量魚群探知機等を使い水産資源や海洋環境の調査研究を実施しています。

 

公海域水産乗船実習
かごしま丸は、毎年、「公海域水産乗船実習」受講の水産学部2年生を乗せて、中西部太平洋海域で長期実習航海を行ないます。航海中は、操舵室での見張りや天体(太陽、星)の高度測定による船位決定などの大型船運用実務や公海域でのまぐろ延縄操業、海洋観測などの実習を行ないます。また、見学や補給のためにアジア諸国等に寄港するとともに、現地の大学や研究機関等を訪問します。寄港地で海外の大学の教員や学生が乗船して、船上で集団生活を送りながら各種の実習を行なことも多く、国際的視野を拡げるきっかけにもなります。

南星丸でのロープアワーク実習

水産学とキャリア乗船実習
水産学部が新1年生に最初に提供する実習が「水産学とキャリア乗船実習」です。1年生全員が、6班に分かれて、かごしま丸または南星丸のいずれかに1泊2日の行程で乗船し、鹿児島湾内で実習を行います。


六分儀を使用した測位

大型船舶の航海士養成
鹿児島大学水産学部は三級海技士(航海)第一種養成施設です。鹿児島大学水産学部から東京海洋大学水産専攻科(修了年限1年)へ進学し、必要な科目を修了した者は海技士(船長/航海士)として大型船の船舶運用に従事するために必要な、三級海技士(航海)の筆記試験免除や口述試験受験に必要な乗船履歴などの資格を得ることができます。男女を問わず、卒業生の多くが、商船、漁船、調査船等の航海士として活躍しています。


長さ:(全長)66.92 m
定員:72 人
幅(型):12.10 m
乗組員:28人
深さ(型):07.00 m
教  員:4 人
総トン数(国内):935 トン
学  生:40 人
総トン数(国際):1284 トン
航海速力:約12.5 ノット
長さ(全長):41.96 m
定員:30 人
幅(型):07.50 m
乗組員:14 人
深さ(型):03.30 m
教員・学生:16 人
総トン数(国内):175 トン
航海速力:約12.5 ノット

Page Top