HOME 投稿 220928オンラインで水産談議

220928オンラインで水産談議

HOME 投稿 220928光り輝く特大ウナギ

220928光り輝く特大ウナギ

HOME 投稿 農林水産学研究科2年 森年エマ日向子さんが日本魚類学会年会 最優秀口頭発表賞を受賞しました

農林水産学研究科2年 森年エマ日向子さんが日本魚類学会年会 最優秀口頭発表賞を受賞しました

(左)佐久間美明 水産学部長、(右)森年エマ日向子さん

9月17日から20日に大阪公立大学で開催された日本魚類学会年会で、農林水産学研究科2年の森年エマ日向子さんが「アカオビハナダイにおける雌の密度が配偶システムと性様式に与える影響」について口頭発表を行い、最優秀口頭発表賞を受賞しました。

アカオビハナダイは美しい外観をもつハタ科の小型種で、通常は水深の深い岩礁域に低密度で生息しています。鹿児島湾では桜島を中心とした水深の浅い岩礁・サンゴ礁域に高密度で生息し、スクーバダイビングにより容易に観察することができます。

これまで本種は一夫多妻のハレムを形成し、雌から雄へと性転換する雌性先熟の繁殖様式をもつ(monandric species)と考えられてきました。鹿児島湾で潜水調査により毎月定期的に標本を採集し、生殖腺の組織学的観察を行いました。その結果、本種は全ての個体が精巣と卵巣が混在するBisexual phaseを経由し、その後性成熟すること、また、雌として産卵を経験する前に雄に性分化する一次雄と、産卵後に雄へと性転換する二次雄が存在する(diandric species)ことが明らかとなりました。潜水観察により、一次雄は一万尾を超える大きな群れ付近でのみ出現しており、雄による雌への干渉の頻度の低さにより生じる現象と推察されました。

以上の結果は、本種が単純な一夫多妻ではなく、複雑な社会構造をもつ可能性を強く示しており、個体数密度が極めて高い鹿児島湾にのみ特有の現象と考えられます。

鹿児島湾のアカオビハナダイ

HOME 投稿 220925鹿大・小谷知也教授がウナギ増殖プロジェクトについて講演

220925鹿大・小谷知也教授がウナギ増殖プロジェクトについて講演

HOME 投稿 220918「ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク㉘

220918「ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク㉘

HOME 投稿 乗船実習における新型コロナウイルス対策について

乗船実習における新型コロナウイルス対策について

2022年度練習船 かごしま丸、南星丸の乗船を希望する皆様へ

 

ホームページ:附属練習船かごしま丸・南星丸

HOME 投稿 220911「ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク㉗

220911「ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク㉗

HOME 投稿 220910「教えて大富先生!南大隅町トビウオ漁を調査」

220910「教えて大富先生!南大隅町トビウオ漁を調査」

HOME 投稿 220902自由奔走、深海魚コラボまで

220902自由奔走、深海魚コラボまで

Page Top