HOME 投稿 191212鹿児島市中央卸売市場や市内鮮魚小売店で旬の魚を紹介

191212鹿児島市中央卸売市場や市内鮮魚小売店で旬の魚を紹介

HOME 投稿 191207水産物流通について

191207水産物流通について

HOME 投稿 191203「大漁JAPAN」

191203「大漁JAPAN」

HOME 投稿 マレーシア・トレンガヌ大学でのPublic Talkで講演を行いました

マレーシア・トレンガヌ大学でのPublic Talkで講演を行いました

Public Talk

2019年11月24日にマレーシア・トレンガヌ大学で開催されたPublic Talkで、本学部・田角聡志准教授、江幡恵吾准教授が講演を行いました。
田角准教授は、魚介類の寄生虫がどのようにして宿主を認識しているのか、その仕組みについて実例を示しながら説明しました。また、江幡准教授は、日本の漁船漁業の現状を紹介した上で、棒受網漁業の操業によってイワシ類が受けるストレス、コンクリート魚礁を用いたアワビ類の生息場造成などに関する研究紹介を行いました。

日本の水産研究を紹介
参加したマレーシアの学生さんたち
マレーシアの学生さんたちとの記念撮影

 

HOME 投稿 本学とマレーシア・トレンガヌ大学とのケニェール湖での共同観測を実施しました

本学とマレーシア・トレンガヌ大学とのケニェール湖での共同観測を実施しました

ケニェール湖は東南アジア最大の人造湖で、最近観光客が増加し、環境保全が課題になっている湖です。今回は鹿児島大学水産学部・前田教授、鹿児島大学産学地域共創センター・古里特任准教授、島根大学・鮎川研究員およびトレンガヌ大学に留学中の水産学部院生・岩本さんと、トレンガヌ大学のIehata講師を含む9名のスタッフと合同で共同観測を実施しました。この湖には、トレンガヌ大学所属のハウスボートがあり、それに乗船して観測が行われました。その結果、これまで地元の人達も知らなかった、鉛直的な水質の特徴が明らかになりました。(2019年11月)

HOME 投稿 鹿児島県の主催で、鹿児島大学と中国・清華大学との環境分野の交流事業を実施しました

鹿児島県の主催で、鹿児島大学と中国・清華大学との環境分野の交流事業を実施しました

訪問団

鹿児島大学からは団長(前田・水産部教授)以下教員2名(冨安・理工学科教授、藤枝・産学地域共創センター特任教授)と院生2名(連大生・曹さん、理工学科院生・野添さん)が参加しました。

 

令和元年度中華人民共和国清華大学との環境分野交流事業

期日:令和元年11月12日(火)〜15日(金)

【概要】
本事業は、平成27年度から中華人民共和国の総合大学である清華大学環境学院の研究者等と本県の環境分野の企業等の専門家,研究者の交流を図り,環境対策の現状について意見交換や現地調査を相互に行うなど,相互の課題解決に向けた技術の向上や将来の環境ビジネスへの展開の礎となるネットワークを構築することを目的とした環境分野での交流事業(学術交流)です。平成30年度は,清華大学環境学院の研究者等を本県に受け入れ,鹿児島大学の環境分野の研究者や大学院生,県内企業等の専門家との学術交流会や環境関連施設の視察等を実施しましたが、本年度は鹿児島県から大学の研究者等や県内企業等の専門家を清華大学環境学院へ派遣し,交流事業を実施しました。本大学からは、水産学部 前田広人 教授(微生物学)、大学院理工学研究科 冨安卓滋 教授(環境化学)、産学・地域共創センター 藤枝 繁 特任教授(海洋環境学)および大学院生2名が参加しました。

【事業内容】
11月13日(水) 学術交流会(全体発表、研究グループ討議「水環境、廃棄物、土壌」)、研究施設見学(清華大学)

11月14日(木) 高安屯ごみ処理・発電施設、北京排水集団高碑店汚水処理場)等見学

学術交流会(全体発表、清華大学)
学術交流会(全体発表、清華大学)
学術交流会(研究グループ討議「水環境」、清華大学)

HOME 投稿 福岡城南高校「海洋生物観察実習」を行いました

福岡城南高校「海洋生物観察実習」を行いました

1.桜島海岸で(ドローンで撮影)

11月8日(金)から3日間、福岡城南高校理数コースの1年生40名が本学部を訪れ、「海洋生物観察実習」を行いました。8名ずつ以下のテーマに分かれ、学部教員の指導の下、野外での観察や実験室での計測・実験に取り組みました。

「ドローン入門」では桜島まで野外調査に出かけ、「汽水域の底生生物」では、甲突川河畔を徒歩で遡りながら(5.5Km!)エビ類やカニ類、巻貝類などを採集しました。「魚肉練り製品の“足”を…」は、缶詰や練り製品の実習や製品開発の試験を行う「食品生命科学実習工場」で、水産学部ならではの機器を使用した実験を行いました。「養殖飼料に適した…」と「赤潮プランクトン…」は、高度な実験機器を備えた学生実験室を使用しました。
実験や観察だけでなく、結果のとりまとめや考察では班で活発な議論がかわされており、発表会でも積極的に質疑応答する姿が見られました。天候に恵まれ、盛りだくさんで実りある3日間であったと思います。

2.桜島がきれいです
3.何がいるかな?
4. 何が獲れた?
5.発表会

HOME 投稿 水産学部入試について

水産学部入試について

入試情報
入試案内 入試日程 募集要項 入試の変更点
入試実施状況(志願状況、合格者の最高点等) 入学時必要経費(授業料免除及び入学科免除・徴収猶予について) 奨学金等 入試Q&A
インターネット出願の流れ

出願サイト等はこちら からご確認ください。

お問い合わせ

水産学部学生係 TEL: 099-286-4040 〒890-0056 鹿児島市下荒田4-50-20
※授業内容、取得できる資格、就職先等についてのお問い合わせも上記へ

HOME 投稿 191109水産のこと もっと知ろう

191109水産のこと もっと知ろう

HOME 投稿 191109水産のこと もっと知ろう

191109水産のこと もっと知ろう

Page Top