赤潮

落射蛍光顕微鏡による微小プランクトンの観察

水圏環境保全学分野(微生物学研究室 前田広人・吉川 毅・奥西将之)

現在、微生物学研究室で取り組んでいるテーマの1つは「赤潮」です。
ご存じの通り鹿児島県下では非常に養殖が盛んですが,そのため赤潮の影響も大きいと言えます。研究室では養殖海域における現場調査をおこない、水質のモニタリングを行うとともに,遺伝子検出技術を応用した定量技術の開発を行っています。また、赤潮が発生してしまったときに養殖生物を守るため、海藻を使った赤潮防除剤の開発にも力を入れています。
その他、光合成細菌を用いた土壌中の病原微生物の制御や食品に応用できる乳酸菌に関する研究、殺菌剤を用いた微生物の制御に関する研究なども進めています。


南星丸による採泥の様子
養殖場の水質調査

Page Top