かつお節産業の研究

水産経済学分野水産流通学研究室 佐野・久賀)

水産流通学研究室(佐野・久賀)は幾つかの研究で全国の水産研究界や水産業界をリードしています。そのうちの一つが「水産加工業の現代的動向」に関する研究です。特に鹿児島県を代表する水産加工品である「かつお節」産業について、継続的な研究を続けています。「かつお節」のダシは和食の根幹であり、日本が世界に誇る伝統的な文化でもあります。他方、最近では輸出や海外生産も増え、新製品の開発も進んでいます。伝統的な「かつお節」製品やその食文化を守りつつ、新しい市場を開拓していく新製品を開発していくことが求められています。地域産業を守るために、また日本の和食文化を守るために、そしてそれを世界に発信するために、水産流通学研究室では日々学生と共に、地域に密着した研究活動を続けています。

Page Top