水産経済学分野 准教授 佐々木貴文

佐々木貴文 准教授

 

研究室

水産政策学研究室

教員の紹介

水産政策学研究室では、一次産業の持続的発展に必要な視点を表出させる作業として、食料の安定供給に必要な政策のあり方を考察しています。具体的には、漁業における外国人労働の問題や、漁業の保険・金融システム、漁業後継者確保策の検討、尖閣諸島の漁業問題(東シナ海など日本周辺海域における日本・台湾・中国との間の漁業問題)などに取り組んでいます。また、水産高校等における漁業の担い手養成の問題、水産教育の再構築の方向性の検討、職業教育史(水産教育史)や漁業史としての近代史研究なども、長年取り組んでいる課題です。

おもな研究テーマ

 

Page Top