日本学術振興会 アジア研究教育拠点事業

東南アジア沿岸域の水産資源に対するネガティブインパクト対策に関する研究拠点形成

dost_sealjsps鹿児島大学水産学部は、過去10年間、フィリピン大学ヴィサヤス校(以下UPV)との間での拠点大学交流事業を通して、「沿岸海域における水圏環境・資源の利用」に関する共同研究を実施してきました。(学部HP実績参照)この実績を元に、日本学術振興会のアジア研究教育拠点事業に提案した「東南アジア沿岸域の水産資源に対するネガティブインパクト対策に関する研究拠点形成」が採択されました。
本事業では、鹿児島大学水産学部の教育目標が「鹿児島から東南アジア・南太平洋を含む水圏をフィールドとして、水産資源の持続的生産とその合理的利用、水圏環境の保全分野での教育・研究」であることから、UPVをフィリピン側拠点機関として、東南アジア地域の水圏環境に排出される有害化学物質の水産資源や漁場保全に対する影響と対策に関する研究拠点を形成することを目指しています。特に、2006年8月、フィリピンギマラス海域で起きたフィリピン史上最大の石油流出事故(写真)により、石油汚染の漁場環境や水産資源に対する影響評価とその対策に関する研究が緊急課題となったことから、鹿児島大学水産学部とUPVは、石油汚染や有害化学物質汚染を焦点に、「フィリピン沿岸海域をモデルとした、東南アジア沿岸域における水産資源および漁場環境の管理・保全に及ぼすネガティブインパクトの影響と対策に関する研究協力」に取り組んできました。(学部HP実績参照)本事業では、上記課題について東南アジア諸国の研究者を含めた持続的な共同研究、研究交流等を展開し、若手研究者を養成しつつ、上記課題に関する域内全体の世界的水準の研究教育拠点を形成することを目指します。
平成22年度実施計画(PDF)


jsps1p08111海岸に漂着した重油を麻袋に入れ、海岸を清掃 jsps1p08112麻袋から漏れ出している重油

 

活動分野と研究課題
参加大学
参加研究者
交流実績
セミナー等
現地報告

Page Top