鹿児島大学水産学部概要2017
9/28

水圏科学分野水圏生物科学コース海洋環境のしくみや水生生物の生き方を科学的に理解し、海洋生態系に関する専門知識を習得します!水圏に生息する動植物について、分類や形態、生理・生態学的特徴や生息 環境との関わりを、理論と実技の両方から学びます。また、実験実習を通して、水圏生物の採集と飼育の技術や野外調査の手法を身につけていきます。海洋環境科学コース海洋環境の自然科学的な理解、海洋環境の保全・利用に関わる工学的な応用について教育し、これらを基礎とする幅広い関連分野へ学生を輩出することを目指しています。さらに将来、様々な専門分野に柔軟に対応できる能力を養うため、数学、物理学、情報処理学等の基礎教育に力を入れています。練習船「かごしま丸」で黒潮などの海洋環境調査を行っています。酵素の生化学実験川を上るリュウキュウアユの群れ錦江湾でよく見られるアカオビハナダイ魚類の生活史調査自律型魚ロボットの開発黒潮の流動メカニズム・生物や気候への影響を調査します。沿岸から外洋まで幅広い海で海洋環境の理解を深めます。教 授:重廣律男・鈴木廣志・中村啓彦・西 隆一郎・山本智子准教授:久米 元・小針 統所 属 教 員助 教:遠藤 光・須本祐史・仁科文子教 授:寺田竜太(連合農学研究科)7

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です