ワイドページを選択

かごしま丸が東京海洋大学と愛媛大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
プランクトン培養実験準備
自由落下曳航式乱流計による観測

平成29年11月11日から20日の10日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、東京海洋大学及び愛媛大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
東京海洋大学からは長井健容助教に引率されたの海洋資源環境学部海洋環境科学科の4年生1人と留学生1人が、愛媛大学からは沿岸域環境科学研究センター所属の4年生1人が卒業研究の一部として参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した中村啓彦教授、小針統准教授、仁科文子助教の指導を受けました。この実習は、本学水産学部の海洋学グループが平成27年から本航海に参加した大学及び研究機関と共同で、新学術領域研究「海洋混合学の創設-物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明」の一環として実施している「黒潮とその源流域における混合過程・栄養塩輸送とその生態系の基礎構造の解明」を目的とした海洋学研究の観測現場に参加する形で行われました。
実習では、黒潮の流れに沿って上流域から下流域にかごしま丸を移動させながら、CTD-CMS、ADCP、乱流計、FRRF蛍光光度計、硝酸塩計(SUNA)等を用いた高度な海洋観測の現場を経験するとともに、東京海洋大学の学生は船尾に装着した自由落下曳航式乱流計を用いて、愛媛大学の学生はTwin-NORPACネットによるプランクトン採集と船上での培養実験を通して、それぞれの卒業研究に必要なデータの収集を行いました。
この実習航海には、大学院洋上観測乗船実習受講の本学水産学研究科修士課程の学生6人も混乗して実習を行いました。

かごしま丸が環境省事業「日本沖合海域における漂流・海底ごみ調査」を実施しました

本学部附属練習船かごしま丸は、平成29年8月から10月に行った乗船実習航海期間中に、環境省事業「日本沖合海域における漂流・海底ごみ実態調査」を実施しました。
この調査は、環境 省が平成26年度から日本列島周辺の沖合海域において東京海洋大学及び九州大学の協力を得て行ってきた漂流・海底ごみ調査を、マイクロプラスチックを含む海洋ごみに関する国内外の関心の高まりを踏まえ、本年度から調査海域を日本列島周辺に加えて日本南方海域も対象として拡大するとともに大学との協力・連携体制も拡充し、上記2大学に加え、本学、北海道大学及び長崎大学の協力を得て、国立大学法人5大学学と連携して実施しているものです。調査のうち、目視観測及び試料採取は、東京海洋大学海鷹丸及び神鷹丸、北海道大学おしょろ丸、長崎大学長崎丸及び本学かごしま丸の5隻の練習船により行われています。(詳しくはこちら 
http://www.env.go.jp/press/104422.html
漂流ごみ調査は、平成29年8月17日~9月21日の間、学部科目「公海域水産乗船実習」の航海中に、公海域及び日本の排他的経済水域内において、船橋ウイングから舷側を通過する漂流ごみの目視観測を行い、種類、大きさ、数量、舷側からの距離、位置等をタブレットPC上の専用アプリに記録しました。また、この間11地点でニューストンネットを曳網し、表層に浮遊するマイクロプラスチックの試料採取を行いました。海底ごみ調査は、平成29年10月11日~17日の間、学部科目「水産資源科学乗船実習Ⅱ」・「航海技術乗船実習Ⅱ」及び水産学研究科「大学院資源・計測乗船実習」の航海中に、東シナ海の陸棚上で着底トロール網を用いて3回の操業3回を行い、漁獲物とともに海底ごみを回収し、その種類及び数量、曳網位置、曳網距離等を記録しました。かごしま丸と他大学練習船の収集した海洋ごみデータと採取標本の分析により、わが国沖合海域におけるマイクロプラスチックを含む漂流ごみや海底ごみの海域別分布量の実態把握の進展が期待されます。

漂流ごみ目視調査

漂流ごみ調査航跡図

ニューストンネットによる試料採取

採取されたマイクロプラスチック
3 / 1712345...10...最後 »

Page Top