ワイドページを選択

MBC南日本放送「かごしま4」に水産学部の学生さんが出演しました
左から、***さん、さっつん、***さん
左から、近藤里江さん、さっつん、橋本百花さん

4月25日(火)、MBC南日本放送のテレビ番組「かごしま4」の「さっつんキャンパスリポート」のコーナーに、水産経済学分野4年生の近藤里江さんと国際食料資源学特別コース3年生の橋本百花さんが出演しました。
放送では、2人が水産学部に入学した動機や大学での授業や研究、サークル活動、フィリピンでの海外研修実習の様子などについて紹介しました。水産学部を目指す高校生に向けて、近藤さんは「水産学部は特殊な学部と思われがちですが、入学すれば、そうではなく水産学が日本にとって重要な学問分野であることがわかります。鹿児島には豊かな水産資源があります。」とコメントし、橋本さんは「国際食料資源学特別コースは水産学部と農学部にまたがったコースで、水産学と農学の両方が学べます。」と伝えました。 たくさんの受験生の方に鹿児島大学水産学部を受験してほしいです。

志布志港で南星丸の見学会を開催しました
船長による注意事項の説明
船長による注意事項の説明

2017年5月20日に志布志港に停泊した南星丸において見学会を行いました。今回、南星丸は海洋微生物学教室の志布志湾における水質および底質調査の途中に停泊しました。訪問したのは、大崎町の小学生と幼稚園児の24名です。元気のいい子供達でした。当日は船内の見学と講演会「うみの話」を行いました。

ブリッジの見学
ブリッジの見学
講演「うみの話」を聴きました
講演「うみの話」を聴きました
CTDの説明を受けました
CTDの説明を受けました
昼食はカレーでした
昼食はカレーでした
船長に敬礼でお別れ
船長に敬礼でお別れ
嘉義大学・生命科学院の教員9名が水産学部を表敬訪問されました
両大学の教員間での学生交流・研究者交流に関する打ち合わせ
両大学の教員間での学生交流・研究者交流に関する打ち合わせ
鹿児島県内の養殖場視察の様子
鹿児島県内の養殖場視察の様子

平成29年4月6日から7日に、部局間学術交流協定締結校の台湾国立嘉義大学・生命科学院の黃承輝特聘教授はじめ計9名の教員が水産学部を表敬訪問されました。4月6日には、越塩水産学部長、有川事務長をはじめとする計14名の本学部教職員と研究者交流を行い、参加者各自の近年の研究課題について紹介し、今後の共同研究実施に向けての情報交換を行いました。また、学生交流についても協議し、今後の双方の学生交流の方法について話し合いを行いました。同日には水産学部練習船かごしま丸の視察も行い、船内の研究施設の紹介を行いました。4月7日には、鹿児島県内の漁業協同組合及び企業の協力を得て、ブリの海面生簀養殖現場や、クルマエビおよびヒラメの陸上養殖現場の視察を行い、現場従事者との交流を行い、鹿児島の水産養殖事情について理解を深めていただきました。

 

Page Top