ワイドページを選択

教職員公募情報について

【公募 海事職】
本学系では附属練習船の「操舵手または甲板員 2名」、「機関員 1名」を下記の要領で公募いたします。貴機関で適任者がおられましたらご推薦くださるようお願い申し上げます。
なお、貴機関以外で適任者をご存知の場合は、併せてご周知くださるようお願い申し上げます。
詳しくは、以下の詳細(PDF)をご覧ください。

掲載年月日 講座・専攻等 職名・人員 締切日 詳細
平成29年6月16日(金) 鹿児島大学水産学部
附属練習船
操舵手または甲板員 2名 平成29年7月31日(月)必着 PDF
平成29年6月16日(金) 鹿児島大学水産学部
附属練習船
機関員 1名 平成29年7月31日(月)必着 PDF
平成29年度水産学部オープンキャンパスについて

鹿児島大学水産学部オープンキャンパス


水産学部ってちょっと特殊な学部?」「進学するには勇気がいるところ?」 そう思っているそこのアナタ、それは違うんです。

平成29年8月5日(土)13:30-17:00

13:00~ 受付 (生徒さんは水産学部4号館23号教室、保護者の方は図書館水産学部分館へ。当日ご案内いたします)
13:30~ 水産学部学部長挨拶
越塩俊介(こしお しゅんすけ)水産学部長が皆さんを歓迎いたします。
13:40~14:10 水産学部の概要と受験案内
水産学部の受験に関することや教育の内容について分かりやすく説明します。
14:15~14:45 お魚あれこれ
横山佐一郎(よこやま さいちろう)助教:「魚の視力は〇〇だった!」、「悩み相談:この魚、美味しくないんです」、「腸の長さランキング・ちょ〜長い!」などなど、魚にまつわる小話の時間。
 14:50~17:00  A:キャンパス探検
在校生がご案内します。水産学部の学びの場をご自由にご覧ください。
実験の様子や研究成果の展示物などがキャンパスのあちこちで見られますよ。
在校生や教職員にどんどん話しかけてみてください。
B:個別相談・何でも質問受付
受験や学生生活、就職状況等について、教職員がご質問にお答えします。
どのようなことでも結構ですのでお気軽にどうぞ!
就職に強く、学生に親切な水産学部の魅力をお伝えします!
お申し込みはこちら締め切りは7月14日です。
水産学部へのアクセスはこちら
お問い合わせは鹿児島大学水産学部学生係まで。Tel:099-286-4040、Fax:099-286-4021です。
佐々木貴文 助教、2016年度漁業経済学会奨励賞を受賞

2017年6月4日、漁業経済学会より、奨励賞をいただきました。漁経済学会は、1952年に発足して以来、60年以上の長期にわたり漁業分野における経済学の深化と追究を続けてきた組織で、漁業に関する政策・生産構造・法制度・労働・歴史などを研究テーマとして活動しています。今回の奨励賞は、漁業経済学会が発行している学会誌『漁業経済研究』に掲載された3つの論文と2つの書評に対して「斯学の進歩に貢献」したと評価された結果でした。今後も、微力ではありますが、漁業経済学の発展に尽力できればと願っています。
なお、3つの論文は次の通りです。(1)佐々木貴文「「日台民間漁業取決め」締結とそれによる尖閣諸島周辺海域での日本および台湾漁船の漁場利用変化」、漁業経済学会『漁業経済研究』(第60巻第1号)、2016年1月、43~62頁。(2)佐々木貴文「水産業と学歴の近代史-福井県立小浜水産学校における人材養成に注目して-」、漁業経済学会『漁業経済研究』(第57巻第1号)、2013年1月、87~105頁。(3)佐々木貴文「近代日本の資本制漁業発達期における長崎県水産講習所の漁業者養成」、漁業経済学会『漁業経済研究』(第50巻 第3号)、2006年5月、23~51頁。

1 / 912345...最後 »

Page Top