トピックス:すべて

かごしま丸が九州大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました

平成28年11月5日から11日の7日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、九州大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。

九州大学からは望岡典隆准教授に引率された農学部3年生の4人と特別聴講生(台湾海洋大学在学)の1人の学生が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸教員・乗組員と学部から参加した小針統准教授、久米元准教授の指導を受けました。実習では、トカラ列島周辺の黒潮流域で、プランクトンネット(Twin-NORPACおよびSingle-NORPAC)、稚魚ネット、環境センサー付多段開閉ネット(MOCNESS)による生物採集、CTDと多筒採水器による海洋観測を通して、海洋環境情報やプランクトン、仔稚魚等の生物標本の収集・採集技術の実習を行うとともに、ウナギ親魚の目視・採集調査や枕崎沖での釣り実習を体験しました。MOCNESSや稚魚ネットで採集された標本は、船上で選別された後、分析のために九州大学に持ち帰りました。釣り実習では、釣獲されたカンパチやハタ類の同定及び体長測定の実習を行いました。さらに、参加した学生は、事前に班毎に水産有用種1種を選び、その生物学的特徴や利用方法等について文献調査を行い、その結果をパワーポイントにまとめて船内で発表しました。

本航海は、かごしま丸推進器の故障修理の影響により、日程を変更し、航海日数を8日間から7日間に短縮して実施しましたが、天候に恵まれ、予定していた実習をすべて実施することができたので、参加した九州大学の教員・学生は、大型練習船での洋上実習に満足したようでした。本実習に参加した九州大学の学生には、同大学の乗船実習の単位が付与される予定です。

なお、この実習航海には、海洋観測乗船実習Ⅱ受講の本学部3年生の9人の学生も混乗して同じ内容の実習を行いました。

161111info1a1MOCNESS投入準備 161111a2 MOCNESS採集標本の処理
161111a3釣り実習漁獲物の測定 161111a4グループ発表

 

かごしま丸が近畿大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました

平成28年10月13日から19日の7日間,本学部附属練習船かごしま丸は,教育関係共同利用拠点認定事業の一環として,近畿大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。

近畿大学からは鳥澤眞介講師に引率された農学部水産学科の3年生12人の学生が参加し,内山正樹船長以下のかごしま丸教員・乗組員と学部から参加した西隆昭准教授,山中有一准教授の指導を受けました。

実習では,乗船ガイダンスと救命艇等操練(退船訓練)を受けた後、鹿児島湾内の3地点(鹿屋沖、湾中央部、喜入沖)と湾外の薩摩長崎鼻沖で、CTDと多筒採水器による海洋観測、スミスマッキンタイア採泥器によるベントス・底質採集および北太平洋標準ネットによる表層プランクトンの採集と観察を行い、得られたデータや試料を用いて内湾と外洋域の海洋環境を比較検討しました。また、山中准教授から、未利用水産資源の1つであるハダカイワシ等の中深層性浮魚類の音響調査による資源評価手法について講義を受けた後、鹿児島湾の超音波散乱層(DSL)を構成するこれらの生物の日周鉛直移動を計量魚群探知機を用いて観察するとともに、夜間に稚魚ネットで採集してその種構成を検討しました。さらに、長崎鼻沖と鹿児島港沖で手動リールによる一本釣り実習を行いました。10月16日~18日は、指宿市山川に寄港し、三福水産株式会社かつお節製造工場の見学を行いました。乗船中には、西准教授から「かごしま丸の船内LANシステム」について、山中准教授から「海洋観測とその意義」について船内講義を受けたほか、両教員の指導により、パソコンを用いて乗船中に得たデータの図化を行いました。また、鳥澤講師から「近畿大学農学部水産学科漁業生産システム研究室の教育・研究」について紹介がありました。

本航海は、先航海でのかごしま丸推進器の一部損傷による運航上の制約のために、実習内容を大幅に変更して実施しました。計画していた東シナ海でのトロール操業実習は実施できませんでしたが、全般的に天候に恵まれ,無事故で,予定したすべての実習を行うことができたこともあり,近畿大学の教員・学生は大型練習船による洋上実習に満足したようでした。参加した近畿大学の学生には、同大学の漁業情報学実習の単位が付与される予定です。

なお,この実習航海には,本学部の漁業乗船実習Ⅱ受講の3年生4人及び4年生2人、水産資源科学乗船実習Ⅱ受講の2年生11人も混乗し,近畿大学生と同じ内容の実習を行ったほか、水産学研究科資源・計測乗船実習受講の大学院生2人も乗船して実習を行いました。

161019info1a1退船操練 (イマージョンスーツ着用体験) 161019info2a一本釣り実習
161019info3a稚魚ネットによる中深層性魚類の採集 161019info4a船内講義
熱帯水産学国際連携プログラム登録学生の海外派遣が始まりました
topinfo161116a1
開講式 タイ国・カセサート大学
topinfo161116a2
開講式 ベトナム・ニャチャン大学

大学院(修士課程)熱帯水産学国際連携プログラムに登録している学生たちの海外派遣が始まりました。今年度は、フィリピン大学大学院水産海洋科学研究科に2名、タイ国・カセサート大学大学院水産学研究科に3名、ベトナム・ニャチャン大学大学院研究科に3名の学生が派遣されています。

学生らは平成28年10月21日に鹿児島を出発して連携先の大学へと向かい、現地の大学に到着した後、プログラムの開講式に出席しました。現地での40日間の滞在期間中に、英語による講義やフィールド実習を通して、熱帯域における水産業や海洋生態系などについて理解を深めることになっています。

10月21日(金)放映の「みんなのニュース」(KTS鹿児島テレビ)に佐野教 授 が出演しました

10月21日(金)16:45~、KTS鹿児島テレビで放映された「みんなのニュース」に佐野教授が出演しました。『販路拡大に期待~鹿児島の海産物ロシアへ』というタイトルです。
佐野教授は日本全体の生鮮・冷凍水産物を輸出する委員会の座長を務めており、鹿児島県でも水産物等輸出促進協議会の会長として活動しています。

公開講座「第12回海岸へ行こう」を開催しました
topinfo161030a6 topinfo161030a1 topinfo161030a3 topinfo161030a5 topinfo161030a8 topinfo161030a4

10月30日(日)に姶良市の重富海岸において、公開講座「第12回海岸へ行こう〜海水の押す力&干潟の生物採集〜」を開催しました。小学校4、5年生20名が参加し、水圧を利用して魚の模型が浮き沈みするおもちゃを作成して圧力について学んだり、干潟に出て泥の中で生活する動物を採集したりしました。

天候に恵まれ、心地よい海風を感じながらの1日、楽しみながら海や生物について学んで頂けたと思います。
重富海岸の「なぎさミュージアム」を運営されているNPO法人くすの木自然館には、毎年この講座を後援して頂き、レクチャールームの提供、干潟生物の解説と大変お世話になりました。心からお礼申し上げます。

日本島嶼学会で鳥居享司准教授が研究奨励賞を受賞しました

topinfo161110a1topinfo161110a2鹿児島県は数多くの離島があり、その経済を支える産業のひとつは「水産業」です。

しかし、離島における漁業経営は、様々な条件不利を被るためなかなか厳しいのが実態です。離島における漁業の維持・発展を目指し、生産・販売・加工・流通・消費などトータルな視点からの課題抽出とそれへの対応策について考えています。

詳しくは、日本島嶼学会サイト

台湾・国立嘉義大学の黄 承輝特聘教授が水産学部を表敬訪問されました

topinfo160906a1国立嘉義大学(台湾)・生命科学院の黄 承輝特聘教授が越塩水産学部長を訪問され、水産学部との学術交流協定や今後の教育・研究での協力について懇談されました。黄教授に同行した5名の大学院生および学部生は、水産学部の研究施設や、開講中の国際連携大学院のサマーセッションの授業参観を行いました。多くの国の大学院生が水産学部で共同学習している様子を見て、我々の取り組みに興味を持っていただいたようです。

熱帯水産学国際連携プログラムに基づいた大学院水産学研究科サマーセッションの開講式を実施しました Opening Ceremony of Summer Session for the Graduate School of Fisheries 2016

topinfo160825a2鹿児島大学大学院水産学研究科では、東南アジアの5大学と共に平成26年8月に設立した高等教育国際協力組織である「熱帯水産学国際連携プログラム」に基づき、8月22日から9月28日までの6週間、平成28年度水産学研究科サマーセッションを開講します。サマーセッションの開講に先だって、8月20日(土)に開講式を水産学部で開催しました。開講式には東南アジアの構成校から来学した18名を含む総勢約60名が出席し、水産学部長の挨拶、プログラムの説明等の後、各メンバー校からの参加学生の代表が挨拶と展望についてのスピーチを行いました。
本プログラムは、鹿児島大学水産学研究科が主唱し、カセサート大学(タイ)、フィリピン大学(フィリピン)、サムラトランギ大学(インドネシア)、マレーシアトレンガヌ大学(マレーシア)、ニャチャン大学(ベトナム)の各水産学系研究科(修士課程)が連携して一つのカリキュラムを形成し、昨年度より開始されました。
本プログラムは、グローバル化する国内外の産業社会で活躍できる人材を育成することを目的とするとともに、互いに特色と強みのある科目を提供しあうことで、単一大学では不可能な魅力ある教育を提供する、アジアの水産系高等教育の拠点の形成を目指しています。カリキュラムの統一に加えて、教員資格や単位の認定に係る規則を共通化するとともに、構成校代表者による運営協議会を設け、質の高い教育を保証しています。なお、サマーセッション期間の授業等はすべて英語で行われ、サマーセッション期間を通じ、水産学研究科では各種の国際的教育活動が展開される予定です。
本プログラムは、多国の大学がカリキュラムを共有し国際共同教育を進める、アジアでは初めての取り組みです。

5 / 512345

Page Top