未分類

かごしま丸が近畿大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
トロール漁獲物の選別

平成30年10月11日から17日の7日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、近畿大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
近畿大学からは鳥澤眞介講師に引率された農学部水産学科の4年生1人と3年生15人の学生が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸教員・乗組員と学部から参加した西隆昭准教授、山中有一准教授の指導を受けました。
実習では、乗船ガイダンスと救命艇等操練を受けた後、東シナ海での着底トロール操業実習と漁獲物の同定・測定、CTDと多筒採水器による海洋観測、鹿児島湾でのレーダー画像の見学、操舵体験と船内見学、漁獲・海洋観測資料の分析及び船内講義を行ないました。10月15日~16日は、指宿市山川に寄港し、三福水産株式会社かつお節製造工場を見学しました。また、西准教授、山中准教授及びかごしま丸の三橋次席ニ等航海士から、「かごしま丸トロール網のシンメトリーシステムと船内LAN」、「CTD観測と鹿児島湾の海洋環境」、「国際漁場としての東シナ海」、「着底トロールの漁具漁法」について船内講義を受けました。さらに鳥澤講師から、バイオロギングによる生物行動解析やまき網の漁具動態シミュレーション等、近畿大学漁業生産システム研究室の研究紹介が行われました。
漁場までの航程は、強い風浪による船体動揺のために船酔いに苦しんだ学生もいましたが、東シナ海漁場到着後は好天に恵まれ、予定したすべての実習を無事故で行うことができたこともあり、近畿大学の教員・学生は大型練習船による洋上実習に大いに満足したようでした。また、船上での共同生活を通して、両大学の学生間の親交も深まった様子でした。鳥澤講師は、「海のない奈良県のキャンパスで学んでいる学生達にとって、かごしま丸での実習は、在学中唯一の外洋での乗船体験や操業実習であり、普段の学習では得難い貴重な体験となっている。今後も共同利用制度を利用して、この有意義なフィールド実習を継続実施したい。」と語っていました。参加した近畿大学の学生には、同大学の漁業情報学実習の単位が付与される予定です。
なお、この航海には、本学部の水産資源科学乗船実習Ⅱ受講の3年生8人も混乗して近畿大学の学生と同じ内容の実習を行ったほか、水産学研究科の資源・計測乗船実習受講の大学院生2人も混乗して実習を行いました。 Continue reading “かごしま丸が近畿大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました”

平成30年度第11回海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)を西隆一郎教授が受賞しました
前列左1番目 西 隆一郎 教授

2018年8月31日に総理官邸小ホールにおいて「第11回海洋立国推進功労者表彰」(内閣総理大臣賞)の表彰式が行われ、本学部の西 隆一郎 教授が「海域の安全利用と離岸流の理解」という内容で受賞しました。
西教授は、「表彰の栄誉を光栄に感じるとともに、本活動の今後に対する責任に身が引き締まる思いでした。また、日本が海洋立国であるために必要な海洋資源、食料、海洋エネルギ-、海岸海洋災害、環境保全、海技士、国際協力など、多様な知識と経験を学ぶことのできる国内有数の水産海洋教育研究機関である『鹿児島大学水産学部』に、是非、若い方々が目を向けていただけるように期待します。公益を大事にするnoblesse obligeの精神を研究室メンバ-に伝えていければと感じた次第です。」と、受賞の感想を述べました。

 

海洋立国推進功労者表彰について

科学技術、水産、海事、環境など海洋に関する幅広い分野における普及啓発、学術推進、研究、産業振興等において顕著な功績をあげた個人・団体に対する表彰である。
文部科学省農林水産省経済産業省国土交通省及び環境省が内閣府総合海洋政策推進事務局の協力を得て、平成19年7月に施行された海洋基本法に基づき、海洋に関する理解を深めていただく契機として実施している。


研究倫理講習会を開催しました

3月5日(月)に教職員向けの研究倫理講習会を行い、教員22名と職員11名が参加しました。講習会では、受講者がスマートフォンで答えた結果をリアルタイムでグラフ等により共有するツールを用いたクイズ形式を取り入れました。内容的には、研究データの保存期間や会計処理等の鹿児島大学規則に基づく留意点の他、研究者同士の信頼、研究活動と社会との関係、について事例を基に検討しました。鹿児島大学水産学部の教職員および学生は今後とも「鹿児島大学における研究活動に係る行動規範」を遵守し、公正な研究の運営・管理に努めていきます。

板倉隆夫名誉教授が社会人向け英語講座を開講しました
英語講座 板倉隆夫名誉教授

板倉隆夫名誉教授が、2017年10月より2018年1月まで、水産学部独自の英語学習メソッド「英語の見える化」による英語講座を開講しました。教室は、附属図書館水産学部分館のグループ学習室、セミナー室を使用しました。
「英語やりなおし講座」8名、「英語講座中級」17名の社会人受講生が、5つのクラスに別れた少人数クラスで、午前や夜間、平日や週末の週1回、1人1台のiPadを使って各人の書き込みをリアルタイムに共有しながら、英語を楽しく学びました。英語教材としては、やさしい物語や、NHK英語講座のテキストなどが使われました。今回は85歳の男性も参加され、iPadの操作にとまどいながらもにこやかに受講され、この後も継続されるとのことです。
次は、2, 3月の「冬季講座」、4月からの新たな「英語やりなおし講座」「英語講座中級」が開講予定です。
また、県外からも受講できる通信講座、特に高校生対象の通信講座(『英作基本文例600』を丸暗記ではなく本当に理解する講座)も予定しています。
https://英語の見える化.jp

かごしま丸が宮崎大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
トロール漁獲物の同定実習

平成29年11月24日から29日の6日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、宮崎大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
同大学からはヘンリック・ウルバンチク准教授と村瀬敦宣助教に引率された農学部海洋生物環境学科2年生の31人の学生が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員の指導を受けました。
この実習は、かごしま丸を利用して、外洋域での各種海洋調査及び生物採集の手法を学習することを目的として2011年から継続実施されているものです。実習では、初日に停泊中の船内で、かごしま丸教員による乗船ガイダンス、「国際漁場としての東シナ海」及び「着底トロール実習」についての講義と宮崎大学教員による生物多様性についての講義を受けた後、2日目に鹿児島を出港し、薩摩半島沖でのCTDと多筒採水器による海洋観測及びセッキ―板による透明度測定、夜間の稚魚ネット曳網による生物採集と標本観察、東シナ海陸棚域での2回の着底トロール操業と漁獲物の同定・測定実習を通じて、海洋生物と水圏環境の調査手法を体験しました。また、班ごとにテーマを設定し、実習中に得た資料や情報、文献調査の結果をとりまとめて、船内でグループ発表を行いました。かごしま丸は、27日に指宿市山川に寄港し、翌28日に有限会社坂井商店かつお節工場の見学を行いました。この他に、航行中に学部科目「航海技術乗船実習Ⅱ」受講の水産学部4年生の指導でブリッジでの操舵体験や機関士の案内で機関室や推進器室の見学を行ったほか、鹿児島湾内での錨泊中に釣り実習を行いました。
今回の実習は、全航程好天に恵まれ、予定していた実習を無事故で全て実施できたこともあり、参加した宮崎大学の教員・学生は大いに満足したようでした。グループ発表では、実習で採集された生物や海洋調査手法に関する発表に加えて、船舶運航や乗組員に関する発表内容も多く、大型練習船での実習を通して船舶や海技士に対する興味をかき立てられた学生も多かったようです。参加した学生には、同大学の海洋生物探査講座の単位が付与される予定です。
平成29年度のかごしま丸共同利用航海は、本航海終了をもってすべて実施を完了しました。

稚魚ネット曳網による生物採集実習
推進器室見学
かつお節工場見学
かごしま丸が放送大学と志學館大学の学生を対象とした共同利用乗船実習を実施しました
救命艇等操練

平成29年5月27日から5月28日の2日間、本学部附属練習船かごしま丸は、教育関係共同利用拠点認定事業の一環として、放送大学と志學館大学の学生を対象とした乗船実習を実施しました。
放送大学からは、鹿児島学習センターの職員2人に引率された「鹿児島湾洋上実習」受講の17人が、志學館大学からは淵脇千寿保講師に引率された「フィールドで学ぶ環境科学」受講の法学部2年生1人と1年生2人および人間関係学部1年生1人が参加し、内山正樹船長以下のかごしま丸乗組員と学部から参加した山中有一准教授の指導を受けました。「鹿児島湾洋上実習」は、かごしま丸を利用した洋上実習を主体とする現場学習型の科目で、放送大学鹿児島学習センターの全国開放型の面接授業として平成25年度に新設開講され、鹿児島県内はもとより、九州、近畿、関東、東北地方から20代~70代までの幅広い年齢層の学生が参加しました。また、「フィールドで学ぶ環境科学」は、本学の教育関係共同利用施設であるかごしま丸や農学部演習林での実習と講義を組み合わせた現場学習型科目として平成28年度に新設開講された科目で、受講生は放送大学の学生との混乗し、同じ内容の実習を行いました。
初日は、谷山港停泊中のかごしま丸船内で、東隆文首席一等航海士による乗船実習ガイダンス、船内見学及び救命艇等操練(退船訓練)を行った後、山中准教授と三橋廷央次席二等航海士から、「海洋観測とは」及び「海洋環境保全と持続可能な漁業」について講義を受けました。2日目は、午前8時30分に谷山港を出港し、鹿児島湾中央付近の水深200mを超える水域でCTDと多筒採水器による海洋観測、スミス・マッキンタイアー採泥器による底質・ベントスの採取と観察、北太平洋標準ネットの鉛直曳きによるプランクトンの採取と観察、セッキー板を用いた海水透明度測定の実習を行うとともに、ロープワークの実習を行いました。また、航行中は、2班に分かれて操舵体験と機関室等の見学を行いました。その後、2日間の実習のまとめとレポート作成を行いました。かごしま丸は予定したすべての実習を完了し、15時過ぎに予定通りに谷山港に帰港しました。
両大学の受講生にとって大型練習船での洋上実習は初めての体験でしたが、天候に恵まれて平穏な海況のもとで予定したすべての実習を無事故で実施できたこともあり、参加した両大学の教職員と学生は大いに満足したようでした。放送大学の学生からは、「船というプラットフォームの特長を生かした座学と実習を組み合わせた本授業を通して、海洋観測の役割や海洋環境の保全、持続可能な漁業について理解が深めることができた。」といった感想が聞かれました。また、志學館大学の淵脇講師は、「海洋観測実習を通して、身近な海である鹿児島湾(錦江湾)を三次元でとらえることができるようになった。また、放送大学の受講生や鹿児島大学4年生など社会経験や専門が異なる方たちとの共同実習・生活は、受講した学生達に良い刺激を与えたと思う。今後も共同利用制度を使って、かごしま丸での乗船実習を継続実施したい。」と語っていました。
なお、参加した放送大学の学生には、実習レポートに基づいて同大学の「鹿児島湾洋上実習」の単位が、志學館大学の学生には、陸上での指導と合わせて同大学の「フィールドで学ぶ環境科学」の単位が、それぞれ付与される予定です。

船内講義
採泥器による底質採取実習
推進器室見学
1 / 212

Page Top