HOME 投稿 鹿児島大学練習船かごしま丸、環境省などが行う海洋ごみ調査に参加

鹿児島大学練習船かごしま丸、環境省などが行う海洋ごみ調査に参加

<東京海洋大学、九州大学、北海道大学、長崎大学、鹿児島大学同時発表(8月8日)>

本学練習船かごしま丸は今年度から拡充強化される環境省・東京海洋大学らによる海洋ごみ調査に参加します。「海洋ごみ問題に対処するためのG7行動計画」など、国際的な重要課題として認識される海洋ごみ問題について、主に南方海域と東シナ海の調査を分担します。
漂流ゴミの目視観測、表層マイクロプラスチックの採集、海底ごみの回収分析などを行い、海洋ごみの実態や生態系への影響評価に取り組んでいきます。
このプロジェクトは大型練習船を保有する全国水産系大学との連携によるもので、かごしま丸もその一翼を担っていきます。

 

HOME 投稿 170809空きプールでウナギ餌作り

170809空きプールでウナギ餌作り

HOME 投稿 170809微細プラスチック調査 鹿大も参加

170809微細プラスチック調査 鹿大も参加

HOME 投稿 2017年度遠洋航海 附属練習船かごしま丸出航式について

2017年度遠洋航海 附属練習船かごしま丸出航式について

本学部附属練習船かごしま丸が、8月17日(木)から9月21日(木)までの36日間にわたり、公海域水産乗船実習のため中西部太平洋方面に遠洋航海いたします。
夏休みの期間を利用した本航海には水産学科2年生および3年生25名が乗船し団体協働生活はもとより航海学、船舶運用学、海洋気象学、マグロはえ縄漁業などについて現場体験をします。また、太平洋上では環境省から委託された「沖合域海洋ごみ調査」の一翼も担い、寄港地のパラオ共和国マラカル港では水産事情調査も予定されています。

航海中の様子は、かごしま丸ホームページの2017年度遠洋航海速報より最新情報をお知らせします。

 

 日 時:  8月17日(木)11時00分から
場 所:  鹿児島市南栄五丁目 谷山一区5号岸壁
航海期間:  8月17日~9月21日(36日間)
実習目的:  漁業学、航海学及び航海運用学実習、海洋気象学、漁業実習(まぐろ延縄)
航海区域および寄港地:  中西部太平洋・マラカル(パラオ共和国)・沖縄(那覇)

 

   

HOME 投稿 170806ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク➁

170806ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク➁

HOME 投稿 小山次朗名誉教授が平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰を受賞しました

小山次朗名誉教授が平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰を受賞しました

小山次朗 名誉教授
平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰

2017年3月に水産学部を退職された小山次朗名誉教授が、平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰を受けられました。
当表彰は毎年6月の環境月間にあわせて、環境保全、地域環境保全及び地域環境美化に関して顕著な功績があった者に対し、その功績をたたえるため、環境大臣により表彰されるもので、環境省の中でも最も権威のあるものです。
小山先生は、「生態毒性に精通した環境保健分野の専門家として、中央環境審議会等へ参画するとともに、化学物質の生体リスク評価手法の確立に多大な貢献を果たすなど化学物質行政の発展に顕著な功績があった」として6月14日に表彰を受けました。

HOME 投稿 170725日韓友好へ銀輪つなぐ

170725日韓友好へ銀輪つなぐ

HOME 投稿 170725地域がテーマ12研究を報告 鹿大COCセンター

170725地域がテーマ12研究を報告 鹿大COCセンター

HOME 投稿 7月20日、越塩俊介水産学部長がフジテレビ とくダネ!に出演しました

7月20日、越塩俊介水産学部長がフジテレビ とくダネ!に出演しました

越塩俊介水産学部長(左)、リポート 石井てる美さん(右)

7月20日のフジテレビ「木曜のおぐら家」のコーナーで、食卓の新しい食材「パンガシウス」を越塩教授が番組の中で説明されました。

パンガシウスは、ベトナムで養殖されていますが、ナマズ目に属するパンガシウス科「パンガシウス」という南アジア一帯の池や川に生息している淡水魚であり、近年、スケトウダラが、自然保護のために世界的に漁獲制限が行われていることから、白身魚の需要に対応するため、水産関係の各社が試行錯誤を重ねる中で、解決案の一つとして、白身魚で臭みが無く、うなぎより安価で美味しいおかずの新しい食材として、新たな白身魚「パンガシウス」が日本の市場に登場しました。

番組中、同様に安価で美味しいおかずの新しい食材「バサ」についても紹介があり「パンガシウス」と同じ種類の魚であると説明され、各水産会社が海外で独自に養殖をし日本に輸入しており、和名がなかった魚なので、各社が差別化の意味で、違う名前を付けて輸入されていることの説明がありました。

また、イカについても漁獲量が減少していることから、昨年の夏以降にスルメイカが高騰した時期があったことで、そのイカの代わりの食材に「イカもどき」という製品が開発中であり、カロリーも低く、イカアレルギーを持っている方にも食べられる製品であると紹介されました。

MC・出演者の皆さんに、蒲焼で食べていただいた感想は、「厚みのある、ふわふわして香ばしい」と、その味に絶賛でした。

 

【WEBサイト】

WEBとくダネ!~ とくダネです。

「ウナギに代わりまして、代打パンガシウス?」食卓のニューフェイスが登場!

HOME 投稿 平成29年度水産学部オープンキャンパス(8月19日)参加申し込み受付中

平成29年度水産学部オープンキャンパス(8月19日)参加申し込み受付中

今からでも、参加可能です!


水産学部ってちょっと特殊な学部?」「進学するには勇気がいるところ?」 そう思っているそこのアナタ、それは違うんです。

鹿児島大学水産学部オープンキャンパスの申し込み期限を7月14日(金)としておりましたが、ご安心ください。今からでも、お申し込み可能です。
まだ、お申し込みされていない方、ご参加をお待ちしております。お知り合いの方にもお知らせください。より多くの方にご参加いただければ幸いです。
なお、当日参加も可能です。
お申し込みはこちら
水産学部へのアクセスはこちら
お問い合わせは鹿児島大学水産学部学生係まで。Tel:099-286-4040、Fax:099-286-4021です。

 

平成29年8月5日(土)13:30-17:00[8月19日(土)に延期になりました]

13:00~ 受付 (生徒さんは水産学部4号館23号教室、保護者の方は図書館水産学部分館へ。当日ご案内いたします)
13:30~ 水産学部学部長挨拶
越塩俊介(こしお しゅんすけ)水産学部長が皆さんを歓迎いたします。
13:40~14:10 水産学部の概要と受験案内
水産学部の受験に関することや教育の内容について分かりやすく説明します。
14:15~14:45 お魚あれこれ
横山佐一郎(よこやま さいちろう)助教:「魚の視力は〇〇だった!」、「悩み相談:この魚、美味しくないんです」、「腸の長さランキング・ちょ〜長い!」などなど、魚にまつわる小話の時間。
 14:50~17:00  A:キャンパス探検
在校生がご案内します。水産学部の学びの場をご自由にご覧ください。
実験の様子や研究成果の展示物などがキャンパスのあちこちで見られますよ。
在校生や教職員にどんどん話しかけてみてください。
B:個別相談・何でも質問受付
受験や学生生活、就職状況等について、教職員がご質問にお答えします。
どのようなことでも結構ですのでお気軽にどうぞ!
就職に強く、学生に親切な水産学部の魅力をお伝えします!

Page Top