HOME 投稿 鹿児島大学練習船かごしま丸、環境省などが行う海洋ごみ調査に参加

鹿児島大学練習船かごしま丸、環境省などが行う海洋ごみ調査に参加

<東京海洋大学、九州大学、北海道大学、長崎大学、鹿児島大学同時発表(8月8日)>

本学練習船かごしま丸は今年度から拡充強化される環境省・東京海洋大学らによる海洋ごみ調査に参加します。「海洋ごみ問題に対処するためのG7行動計画」など、国際的な重要課題として認識される海洋ごみ問題について、主に南方海域と東シナ海の調査を分担します。
漂流ゴミの目視観測、表層マイクロプラスチックの採集、海底ごみの回収分析などを行い、海洋ごみの実態や生態系への影響評価に取り組んでいきます。
このプロジェクトは大型練習船を保有する全国水産系大学との連携によるもので、かごしま丸もその一翼を担っていきます。

 

HOME 投稿 170809空きプールでウナギ餌作り

170809空きプールでウナギ餌作り

HOME 投稿 170809微細プラスチック調査 鹿大も参加

170809微細プラスチック調査 鹿大も参加

HOME 投稿 2017年度遠洋航海 附属練習船かごしま丸出航式について

2017年度遠洋航海 附属練習船かごしま丸出航式について

本学部附属練習船かごしま丸が、8月17日(木)から9月21日(木)までの36日間にわたり、公海域水産乗船実習のため中西部太平洋方面に遠洋航海いたします。
夏休みの期間を利用した本航海には水産学科2年生および3年生25名が乗船し団体協働生活はもとより航海学、船舶運用学、海洋気象学、マグロはえ縄漁業などについて現場体験をします。また、太平洋上では環境省から委託された「沖合域海洋ごみ調査」の一翼も担い、寄港地のパラオ共和国マラカル港では水産事情調査も予定されています。

航海中の様子は、かごしま丸ホームページの2017年度遠洋航海速報より最新情報をお知らせします。

 

 日 時:  8月17日(木)11時00分から
場 所:  鹿児島市南栄五丁目 谷山一区5号岸壁
航海期間:  8月17日~9月21日(36日間)
実習目的:  漁業学、航海学及び航海運用学実習、海洋気象学、漁業実習(まぐろ延縄)
航海区域および寄港地:  中西部太平洋・マラカル(パラオ共和国)・沖縄(那覇)

 

   

HOME 投稿 170806ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク➁

170806ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ」にて鹿児島の地魚トーク➁

HOME 投稿 小山次朗名誉教授が平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰を受賞しました

小山次朗名誉教授が平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰を受賞しました

小山次朗 名誉教授
平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰

2017年3月に水産学部を退職された小山次朗名誉教授が、平成29年度の環境省環境保全功労者環境大臣表彰を受けられました。
当表彰は毎年6月の環境月間にあわせて、環境保全、地域環境保全及び地域環境美化に関して顕著な功績があった者に対し、その功績をたたえるため、環境大臣により表彰されるもので、環境省の中でも最も権威のあるものです。
小山先生は、「生態毒性に精通した環境保健分野の専門家として、中央環境審議会等へ参画するとともに、化学物質の生体リスク評価手法の確立に多大な貢献を果たすなど化学物質行政の発展に顕著な功績があった」として6月14日に表彰を受けました。

Page Top