教育目標と3つのポリシー

水産学部のミッション

鹿児島から東南アジア・南太平洋を含む水圏をフィールドとして、水産資源の持続的生産とその合理的利用及び水圏環境の保全・管理の分野で、高度な専門知識を修得し豊かな世界観と倫理観を備えた技術者を社会に送り出すと共に、地域的及び地球的課題に関する研究を推進することで、熱帯・亜熱帯水域を対象とする諸活動で世界をリードする文化を創出し、地域社会と国際社会に貢献する、世界に開かれ進取の精神あふれる水産教育研究機関を目指す。

教育目標

水産学部は専門知識を修得し豊かな世界観と倫理観を備えた水産技術者を社会に送り出すために、以下の教育目標を掲げます。

1.鹿児島から東南アジア・南太平洋を含む水圏をフィールドとして、水産資源の持続的生産とその合理的利用及び水圏環境の保全・管理の分野の専門知識を修得した人材の育成。
2.豊かな世界観と倫理観を備え、グローバル化する産業社会に参画する人材の育成。
3.地域社会と国際社会に貢献できる進取の精神を持った人材の育成。

Ⅰ.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

水産学部水産学科のディプロマ・ポリシー

鹿児島大学水産学部は、全学の学位授与の方針及び水産学部の教育目標に鑑み、以下の能力を身につけ、所定の単位を修得した者に学士の学位を授与します。

1.地域・国際両面で資源・環境・食料分野に強い水産技術者に必要な,教養と基本的な知識を体系的に運用できる能力。
2.水産学の各専門分野における、実践的で高いレベルの知識・技術を運用できる能力。
3.水産技術者として十分な基礎学力をもち生涯学び続けることができる能力。
4.水産技術者として必要な英語を運用できる能力。
5.水産技術者として実務に必要な情報処理ができる能力。
6.水産技術者として実務に必要なレベルの報告書作成・プレゼンテーション、および問題解決型の業務ができる能力。
7.水産技術者として倫理観に基づいた必要なレベルの現場対応ができる能力。
8.水産技術者として適切な倫理観、判断力及び職業観に基づく協働(チームワーク)ができる能力。
9.水産技術者としての意識と思考力を活用し,地域や国際社会の課題に果敢に取り組むことができる能力。

Ⅱ.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

鹿児島大学水産学部は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するために、以下の通り教育課程を編成・実施します。

1.地域・国際両面で、資源・環境・食品分野に強い水産技術者の養成のために必要な、基盤的な知識を修得させる科目群を配置します。
2.水産業の専門分野に必要な実践的で体系的な知識や技術を高いレベルで習得させるために、以下の分野等別の専門科目群を配置します。
3.専門的な科目群の内容を理解するとともに、生涯学べるように、基礎的な教育科目群を配置します。
4.英語コミュニケーションスキルを向上させる科目群を配置します。
5.水産技術者として実務に必要な、情報処理能力を向上させる科目群を配置します。
6.水産技術者として実務に必要な、報告書作成能力やプレゼンテーション能力、問題解決型の仕事をする能力を向上させる科目群を配置します。
7.水産技術者として円滑に社会貢献ができるように、フィールド・産業現場での業務能力、水産業従事者とのコミュニケーション能力の涵養を図る科目群を配置します。
8.水産技術者として円滑に社会貢献ができるように、チームワーク能力、水産技術者としての倫理観と判断力及び職業観の涵養を図る科目群を配置します。
9.水産業での国際社会や地域社会への貢献に対する意識や思考力を向上させる科目群を配置します。
10.水産業の専門分野で円滑に社会貢献ができるように、以下の領域で,職能強化のための科目群を配置します。

Ⅲ.入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

3.入学者選抜の基本方針

水産学部では、一般入試(前期)、一般入試(後期)、AO入試、推薦入試Ⅰ及び私費外国人学部留学生入試によって入学者を選抜します。

水産学部のモットー

海を怖れず、海を愛し、海を拓け

Page Top